生徒の前でリモコンバイブで絶頂する美人女教師


同人音声サイト同人ゲームサイトへ

第一章.淫改造された肉体~高木亜矢

 第七話 生徒の前でリモコンバイブで絶頂する美人女教師

 教室のすぐ外での破廉恥な自慰行為による強烈極まりない絶頂は私をエクスタシーの彼方へと連れ去り、しばし恍惚として淫靡な顔を晒しながら茫然自失状態にあった私だが、すぐに理性が戻って過酷な現実に打ちのめす。

ーー大人しく私を待っている生徒達が見たら、どう思うだろう? 今更どんな顔をして教室に入れば良いのか、ああ……

 嫌らしく疼き上がる肉体を鎮めたい一心で授業を放棄してトイレに逃げ込み燃え盛る欲情の炎を鎮火した筈なのに、今又神聖な学びの場であるべき教室を目前にしながら改造された体に巣喰う淫魔に破れ、とても見せられない痴態を演じてしまった私。淫らな体液を吐き出す余りにも甘美な絶頂の余韻で痺れ切らせていた頭が、落ち着きを取り戻すに連れて凄まじい罪悪感でいっぱいに満たされてゆく。だがここで際限なくぶり返してしまう悪魔の欲情を発散させない事には、残り少ない授業を全うする事は到底叶わなかったのだ。そう自分にいい聞かせた私は、これだけ猛烈な絶頂で欲情を鎮めたのだから大丈夫、と暗示を掛けて勇気を出し、ようやくやたらと重く感じられる教室のドアを開けたのだった。

 近付いてもまるで私語が聞こえて来なかった事からわかっていたのだが、わが娘美菜子がまとめる品行方正な2-Aのクラスはやはり誰1人教えに背かず、私に指示された通り静かに自習にいそしんでいた。こんなに素直で真面目な生徒達が待っていたと言うのに、私は何と言う恥ずかしいマネを犯してしまったのだろう。ますます猛烈な罪悪感に胸を締め付けられながらも、何でもなかったかのごとく平静を装って授業を再開すると、真剣そのものの眼差しで一生懸命私の言葉に耳を傾け、学業に没頭する模範的な生徒達の姿に、忘れかけていた女教師としてのプライドが蘇って来た。

ーーそうだ、私を慕ってくれるこの子達がいる限り、大丈夫。私はあんな忌まわしいやつらの思惑通りには絶対ならない。だから、美菜子余計な心配しないで。お母さんはいつも通りだから。あなたには汚らわしい組織に指一本も触れさせはしない。そして必ずや、あなたを連れて安全な場所に逃げて見せる……

 どんなに足掻いても打開策が見つからず、最早組織の性奴隷に完璧に堕とされてしまう一歩手前まで追い詰められている私だったが、この模範的な生徒達のリーダーとして一心不乱に自習していた美菜子がオズオズと顔を上げ心配そうな視線を送って来た時、やはり最後に残された一縷の望みを捨てるわけにはいかなかった。そのためにも、もうこれ以上肉欲に溺れる無様な姿を見せて娘を心配させる事は出来ない。そう固く決意して授業を再開すると、意欲に溢れ真剣に学業に取り組む生徒達のおかげもあって、いつも通りの調子を取り戻す事が出来た。もちろん限界寸前の肉体の疼きが消えてくれるわけではないが、そんな窮状はおくびにも出さず平然と授業を進める事は出来たのである。少し身じろぎする度に女性器と排泄器官の中でズリッと擦れてしまうイボイボの淫具から甘美な衝撃が 突き上げて来るのは確かだが、2か月近い二穴バイブレータ付き貞操帯調教に慣れてしまった今なら、反応を押し殺す事も十分可能なのだ。望月に屈服してしまう時を少しでも後延ばしにするため果敢にチャレンジした最後の授業も後りわずかだ。この調子なら何とかやり過ごす事が出来るに違いない……

 だがそう思い込もうとした私は、やはり冷酷無比な組織の調教師望月を甘く見くびっていた。残り時間が10分を切った頃、信じられない事態が起こったのだ。黒板にタンタンとチョークを走らせ生徒達の方に向き直ってから説明を加えようとしていた私は、その瞬間情けない事に手からポトリとチョークを落とし、ウッと悲鳴が洩れそうになった口と股間に手をやってしゃがみ込んでしまった。

ーーこ、こんなバカな、一体誰が……うああ~っっ!!

 大人しい2-Aの生徒達だが、さすがに教師の異常を目の当たりにして、口々に大丈夫ですか、先生、などと心配しながら立ち上がり、私を取り囲むよう教壇の方に集まって来てしまう。私はもう耐え切れず「来ないで!」と心中で絶叫した。だが貞操帯の嵌まった腰をあり得ない甘美な電流に貫かれた私は、淫声が洩れそうなのを手で塞ぎ、猛然と込み上げて来る絶頂欲求に耐えるだけで精一杯。あっと言う間にビッシリと嫌らしい快感に覆われ痺れ切ってしまった腰を上げる事も、一言の言い訳を口にする事も不可能だった。

 私を突然急襲した、あり得ない筈の甘美な衝撃。それはおぞましい貞操帯の中に仕込まれて前後の淫穴を深々と打ち抜いていた人造ペニスが、本来の性能を発揮して静音だが高速の振動と首振りを始めてしまった事である。静まりかえった厳粛な授業中の教室に淫靡なモーター音を響かせなかった事だけは救いだったが、異常に欲深く改造されてしまった私の膣内の泣き所にピトリとフィットするよう刺激イボがデザインされているため、埋まっているだけでもその快感に歯を喰い縛って耐えねばならないペニス型が激しく慄えながらクネクネと淫らな首振りダンスを踊って来たのだから、我慢出来るわけはない。おまけに痺れるような激しい振動は貞操帯全体に波及して、サックに格納されて刺激を遮断され解放を渇望していた肥大クリトリスにまでバイブレーションが伝わってしまうのだから、たちまち絶頂寸前に押し上げられた私は渾身の力を振り絞って、ここでアクメの大恥を晒してしまう事に抵抗する。だがそんな私の窮地を知ってか知らずか、初め遠巻きにしていた大人しい生徒達は、しゃがみ込んで少しも動けなくなった私を心配し、どんどん近寄って来てしまう。

 生徒達の視線が集中している困ったタイミングで作動を始めたバイブレータに翻弄されて、遂に教壇の上に横座りの体勢になり陰部を押さえ悶絶してしまう私は、この絶体絶命の窮地の中、恐ろしい事実に気付いて愕然としていた。貞操帯の鍵を管理しバイブレータのリモコンを所有しているのは、住み込み警備員に正体を隠して私を監視し調教するため組織から派遣されて来た調教師望月だけの筈だ。二穴バイブ付き貞操帯調教が始まってから二ヶ月あまり、これまでただの一度もヘラヘラ笑う望月の目の前以外でこの快楽振動が作動した事はなかったのだから。

ーーこの生徒達の中にリモコンを持った者がいると言うのか!? そんな、まさか……ああ、もう、もおっっ!! 
 授業時間には中庭で植え込みの手入れなどをしている住み込み警備員の望月が教室に潜んでいるとは考えられない。それにこんなリモコンの到達範囲など限られている筈で、今心配そうな顔で私を取り囲んでいる生徒達の中に、なぜか私を奴隷調教するためのリモコンを隠し持ち素知らぬフリを装って操作している者がいるのだ。そんな信じ難い結論に到達した私は、寸前で踏ん張り取り囲む生徒達に監視されながら絶頂に達してしまう恥に頑強に抵抗しながら、いよいよ破滅に近付く私と美菜子の運命を暗示された気になり、次第にパニックに陥って来た。待ち望んだ快楽振動に歓びを隠せない女の部分とクリペニスから欲情が火のように吹き上げて、失禁したも同然に洩らしてしまった淫汁が貞操帯から溢れ出しあろう事か太股から滴り落ちてしまう冷たい感触まで感じてしまった私は、タオルを投げ入れられる寸前まで追い詰められたボクサーのようなものだった。

ーーヒイイ~ッッ!! あ、悪魔……い、いくっ! イクイク、いぐううう~っっっ!!!

 もう間違いない。私を慕い心配しているフリをした生徒達の中に悪魔の調教師望月の手下が隠れており、リモコンバイブでイカされそうになってオロオロする私の痴態をあざ笑っているのだ。そして明らかに変調を来している私を心配してくれている大多数の生徒達は、まさか私が股間の性的快感に取り乱し悶絶しているなどとは夢にも思わず、悪魔に取り憑かれた女教師を眺めているかのように恐る恐るだが着実に間合いを詰めて至近距離で取り囲んで来る。そんな最悪のタイミングを見計らったのだろう。何者かが操るリモコンバイブが、とうとう最も恐れていた禁断のアナルの中で炸裂した。小刻みに振動しながらグリグリと首を振る人造ペニスに性器より更に強烈な性感帯である排泄器官の内壁を擦り上げられる悪魔の快楽で、最後まで残っていた羞じらいも慎みも完全にむしり取られてしまった私は、謹厳な女教師の仮面をかなぐり捨てて生々しい呻き声で咆哮すると、全身をピクピクと痙攣させながら何度でもおかわりが利いてしまうアナルによる連続絶頂に陥っていた。最早ここが授業中の教室である事も、取り囲んだ生徒達に凝視されている事も頭から消し飛び、女の欲望のままにイキ狂うだけの淫らな人形と化した私は、いつしか視界がブラックアウトして、完璧に意識が遠のいていったのである。





第七話 生徒の前でリモコンバイブで絶頂する美人女教師 ここまで


第一話

返り討ちにあった捜査官

第二話

囚われの美人捜査官、クリトリスへの肉体改造

第三話

キメセク輪姦陵辱でセックス中毒へ追い込まれた美人捜査官

第四話

娘を守るためにクリトリスをクリちんぽに改造された母

第五話

授業中、淫乱女教師の密かな絶頂

第六話

トイレで母乳を噴き上げ、乳首絶頂

第七話

生徒の前でリモコンバイブで絶頂する美人女教師

第八話

憧れの美人女教師を性奴隷化

第九話

教え子のちんこを頬張り、超絶フェラを披露する女教師

第十話

活きの良い男子高校生達のザーメンを飲み干す

第十一話

教師なのに弱みを握られ生徒達にSMを強要されることに

第十二話

  美乳からは母乳を噴き出し、クリチンポからは射精する

第十三話

生徒に陵辱されたクリチンポ女教師

第十四話

オナニー中毒の母のオナニーを手伝う娘

第十五話

母と娘で激しいレズプレイ

第十六話

極短ミニスカートを履かせられるJK

第十七話

絶倫ペニスでJKが失神するまで陵辱

第十八話

アナルが敏感なJKのレズビアンショー

第十九話

醜男におねだりする淫乱化した女子校生

第二十話

腸内に浣腸液を注がれるだけで絶頂する女子校生

第二十一話

豆吊るしの姫とブサイク中年親父の純愛(?)逃避行

第二十二話

束の間のラブエッチ。赤ちゃんプレイも

第二十三話

流産を強要された妊婦、尻穴奴隷の帰還

最終話

四肢を切断されてダルマにされた母と、復讐に燃える娘

 

さらに過激なSM小説がいっぱいの作者様のHPへ↓
新・SM小説書庫

『女秘密捜査官、堕ちる・・・』一覧に戻る