―― 茜さんとの出会い ――

うわー。

施設の中は思いの外狭かった。そして、かなり近未来的というか・・・透明なカラーをテーマにしたとても綺麗な所だった。

壁は白、床は青色。病院をちょっとアレンジした感じだろうか。床がぴっかぴかである。

広さ的には想像より小さく、あれ? っと思う所があったが、この神秘的な美しさには感動するものがある。

私は緊張しながらも、きょろきょろと冷静に周りを見渡す。

施設内部では、白衣を着た男性や、メイドさんが何人か歩いてたり話してたり、私服の女性がコーヒーを飲んでいたりする。

その光景は日常とはかけ離れていて見慣れないものであり、若干の違和感を感じる。私はオドオドしながら、黒服の男性に言われたとおり、まずは受付の女性がいる所に歩み寄る。

「あ、あのー」

「萌子様ですね? 当施設へようこそいらっしゃいました」

私でも美人だと思うぐらいの受付のお姉さんが、私に声をかけてくる。

「まずはこちらに、萌子様の情報を記入してくださいませ、その間に係りの者をお呼びいたします」

と、受付テーブルに2枚の紙とボールペンを渡される。

「あ、はい」

少し慌てながら、紙に書かれた内容を確認する。どうやら個人情報を記載するものだ。

わ、私で間違いないよね!? 別の施設に入っちゃったとか、そういうのはないよね!? と、ちょっぴり不安を抱き抱えながらも、言われたとおり、紙に基本的な個人情報を記載する。

かきかきかき。

用紙に記述して提出した後、少し待ち時間があったので、吸水機から紙コップを取り出し、水を入れてゆっくりと飲み干す。

はむはむ。

紙コップをちょっと噛んでみる。つい紙コップを口に近づけるとこんな事をしてしまう。悪い癖だと思うのだけれどやっていて楽しい。

そんなことをしてのんびりと待っていると、さきほどの受付のお姉さんと、見知らぬ大人の女性のメイドさんがこちらの方にやって来た。

向こうの2人がお辞儀をしてきたので、私も椅子から立ち上がり、ぺこりと頭を下げる。

「初めまして、萌子ちゃん。私はお世話係の「茜」といいます。これからよろしくね」

こちらの人は、いきなりちゃん付けか・・・。といか、この施設の人は、みんな名前で呼ぶのだろうか?

「よ、よろしくお願いします」

挨拶をした後、メイドさんの方をこっそり観察する。こちらは受付の人ほど美人ではない・・・。いや隣の受付の女性がまぶしすぎるだけかもしれない。普通にスタイルのよい大人の女性である。

若干身長は高め、メイド姿がとても似合っている。素敵だ。これが噂の「萌え」なのだろうか? 

そんな風にメイドさんを見ていると、受付のお姉さんが、私に話しかけてくる。

「萌子様はこれから新人部屋に移動されます。残りはお世話係の茜が、以降の行動すべき内容をご説明いたします。これからよろしくお願いします」

どうでも良いことを考えていた私は、慌てて対応する。

「こ、こちらこそ、よろしくお願いします」

私はもう一度お辞儀をする。メイドさんもお辞儀してる。

受付のお姉さんは私よりも礼儀正しくお辞儀をした後、元いた受付の場所に戻っていった。

「それでは、こちらに付いてきて下さいね~」

メイドさん・・・いや、茜さんと呼ぼう。常に名前で意識しないと忘れてしまう。

茜さんはそう述べると、くるっと後ろに向き歩き始めた。置いていかれないようにしなきゃっと、茜さんに連いていき、受付を後にする。

「いやー、つかれるわー。やっぱり自然体のままの方がいいよね? 萌子ちゃんもそう思わない?」

がびーん!

茜さんは、急にいつもの態度? みたいなものに切り替わった。は、早すぎる・・・。

「あ、は、はい・・・」

私は、もじもじと答える。すると、

「もう、かわいいんだからぁ~」

むぎゅ、唐突に体を捕まれて茜さんの元に引き寄せられる。私の顔が茜さんの胸の中に突っ込む。

ふぐぅ。ふぐぐぐぐっ!?

バタバタとしながら茜さんの胸の中で悶え苦しむ。そんな嫌がる私を見て、茜さんはすぐさま抱き締めを解除してくれる。

ぷはぁ・・・っ!

い、いきなりなにするんだー! び、びっくりしただろーっ! ・・・あ、でも気持ちよかったです。

「どぉ、少しは緊張がほぐれた?」

「あ・・・は、はい!」

「初めてだから、そりゃー緊張しちゃうよね。今ので少しでも解消されたのなら、嬉しいのだけれどね。・・・さぁ、こっちよ~」

茜さんは私にウインクを送った後、床式エスカレーターに乗ってスィーーと先に進む。あ、待ってぇ。

私は、茜さんの抱き締めがまだ忘れられず、ほんのりいい気分になりながら、茜さんに付いていく。

・・・。

茜さんと軽く話をしながら、エスカレーターで移動する。

茜さんはとても気軽で話しやすい感じの良い人だった。私はあっさりと打ち解けて、茜さんに色々と話していく。

「萌子ちゃん、少し質問してもいいかしら?」

「はい、どうぞ!」

「どうして、この施設にきたのかしら?」

「え? んーと・・・色々です。お金がほしいからとか、女子力アップとか、それと・・・」

「それと・・・?」

私は少し顔を赤くする。茜さんにだけ聞こえるようにぼそっという。

「安心できるエッチで、気持ちよくなれるとか・・・」

おおっ! と茜さんが驚く。やはり言うべきでなかったかなぁ・・・と少し後悔する。

「や、やっぱりそれっておかしい・・・ですよね?」

「そんなことないわよー。ここのエッチ、すごく楽しいわよ~」

茜さんは嬉しそうな笑顔で私に答えてくれる。

あ、やっぱりエッチな施設だけあって、そう言うことは普通に会話しても問題ないのかな?

「そうかー、萌子ちゃん、エッチを楽しみにここに来たのかー」

「そそそそ、それは違いますぅ!」

あわてて訂正を求める。

「そうかー、萌子ちゃん、エッチな子だったんだー」

「違いますってばぁーーー! もぉー」

私はしっかり否定する。む、この人、妙に人をからかう癖があるんだな。注意しなきゃ!

でも、なんだかんだで茜さんと会話するのが楽しい。さっき、お世話係と言ってたけど、この人となら、うまくやっていけるかもしれない。

会話を楽しく弾ませながら、私達は目的地まで移動した。

そんなこんなで、目的地の新人部屋に到着する。

部屋に入る。辺りを見回す。

その部屋は至ってシンプルというか・・・。そう、ビジネスホテルの一室っといった感じだった。誰かが生活していた様子はない。

「えーと・・・ここが私の住む部屋ですか?」

説明資料によると、確か、住み込みでお仕事する人は、専用のお部屋が用意されると書かれた事を思い出す。

「いや、ここは違うわ。ただの待機室よ」

あらっ。違うのか。

「今日だけここで過ごしてもらうわ。後日、萌子ちゃん専用の部屋を紹介してあげるからね」

おお、私専用か! ちょっと楽しみだ!

「それでね、萌子ちゃん・・・」

茜さんが急に真面目な態度になる。

い、いったいなんだろうか?

「改めて言うわよ。これから萌子ちゃんは、ここで、色々とエッチな器具の実験をさせられちゃう、テスターのお仕事をすることになるわ。

体に異常をきたすようなことはしないけど、長く働いていると、とってもエッチな子になっちゃうわよ。それでも本当に構わない?」

・・・うっ、そう言われると、ちょっと怖い。で、でも、書類を読んで覚悟を決めた上での同意だ。

「は、はい。同意の上です! 私・・・頑張ります!」

実は心の奥底では、エッチもいいかな、なんて思ったりもしている。ただ、理想の彼氏とイチャイチャできるならそれが一番いいんだけどね。

まぁエッチな体になっちゃったら、それはそれでいいのかな? そうなると、私のびぼーと体で、男なんてイ・チ・コ・ロ。なのかもしれない。ぐふっ。ぐふふふふふっ。

茜さんは一端目をつぶってから私の返答を聞いた後、まぶたをあけて、私の瞳をじっくりと見据えながら、しっかりとした口調で話す。

「わかったわ。それじゃあ、これからよろしくね」

「はい。私の方こそ、よろしくお願いします」

私も丁寧に返す。これから私のエッチな生活が始まっちゃうんだー。やばい、少し興奮してきた。

自分の顔が少し、ぽっ。っと赤くなる。

楽しい生活が送れるといいな~。

「それでね・・・少し測定いいかしら?」

茜さんは、長さを測定できるタイプの円型の測定器具を取り出す。

およっ? 身長でも測るのかな。

「まずは、首ね」

茜さんが私の首に測定器具を巻き付ける。

何で首!? 普通、バストとかだろ!

「次は、腕」

茜さんが私の腕をめくり、測定器具を巻き付ける。

何で腕!? 普通、ウエストとかだろ!

「最後は、頭」

茜さんが私の髪を分け、測定器具を巻き付ける。

何で頭!? 普通、ヒップとかだろ!

・・・まるでわけがわからない。まぁ何かのデータで必要なのだろう。

「ふむ。ふむふむ。・・・私はこれから2時間後ぐらい退出するから、萌子ちゃんは持参した夕食を食べてからお風呂を済ませた後、ゆっくり部屋で待っていてね~。そうそう、下着はお風呂場に置いてあるから着替えておいてね」

「は、はぁ・・・」

「それじゃーね、萌子ちゃん」

パタン。ガチャリ。

茜さんがそう言い残し、パタパタと歩いて部屋から出て行った。

・・・えーと。

と、とりあえず、言われた通りにしようかな。まずは少し早めの夕食っと。

私は、部屋の端に置いといた自分のカバンから、コンビニで買っておいたおにぎりを取り出す。



 まだまだ作品がどっさりの作者様のHPに読みに行く↓
快楽機姦研究所

『快楽機姦研究所』一覧に戻る