エッチさでは負けられない! 純愛対決リョウカと涼花


同人音声サイト同人ゲームサイトへ

第11話 エッチさでは負けられない! 純愛対決リョウカと涼花

○リョウカより涼花の方がスケベ少女なの

「あのね、吾朗ちゃん……わたし、もっとエッチな女の子になれるかな?」

「どうしてだよ? 涼花は別に今のままでいいじゃん」

「ううん、それだとダメな気がするの。吾朗ちゃんが求めるような女の子に、わたしは……」

吹き抜ける夜風は意外に冷たかった。
二人して飲んだアルコールと、ふたりして感じ合った恥ずかしい手慰みも、時が経ち素面に戻った身体には、居心地の悪い気だるさしか残してくれない。

「小説の中のリョウカって女の子、今のわたしよりも魅力的だよね? 男の人が大好きで……男の人とオォ、オチ○チンが大好きで、いつもその……オマ○コって平気で口に出来る。吾朗ちゃんがそう描くんだから、リョウカの方がきっと……」

意地悪なほど吹き付けてくる風に向かって、涼花は声を飛ばした。
じれったいくらいに鈍く開閉する唇をせっつかせて、赤面しそうな単語も拡散させた。

そして涼花は立ち止った。
言葉を返せない吾朗も足を止めた。

それはマンションへの帰り道だった。
居酒屋を後にして30分余り経った後のことだった。

人の気配のない公園の真ん中で、彼女は小さく肩を震わせていた。
青白い街灯の光が照らし出す淡いスポットライトの下で、微かに嗚咽も紛れさせていた。

「な、なにバカなこと言ってんだよ。リョウカはリョウカ。涼花は涼花だろ? そんなの一緒にしてどうすんだよ」

「でも吾朗ちゃん、言ったよね? 『エッチな小説が、永遠の愛を保証する』って。この小説がなければ、わたしと吾朗ちゃんの関係って……」

身長180センチの吾朗の下で、身長160センチの涼花が俯かせていた顔を持ち上げていた。
やっぱり泣いていたのだ。
しかし彼女は……

黒目がちな瞳を腫れぼったく涙で濡らして。
それなのに頬の肉だけは不器用に緩ませて。
なぜかツマ先立ちで背伸びまでして、ショートな後ろ髪が肩に掛かるくらいに頭を反らし上げて。

「キスして……吾朗ちゃん……」

涼花が細い声を漏らした。
時折、ゴォーっと唸りを上げる風を待っていたかのように、それを告げると目を閉じる。
尖ったあごを突き出させて、柔らかな唇の肉をなだらかな菱形に変える。

「ちゅぷ、チュ、チュ……」

涼花か?
吾朗か?

区別しようもない、愛し合う唇の調べが静かに響き渡る。

「はむぅ、ふんむぅ……ちゅる、レロ、レロ……」

そして静かな愛の囁きは、積極的な愛の鼓動へと進化していく。
唇どうしを結び合わせたまま、涼花の舌が突き伸ばされていた。
上から覆いかぶさる吾朗の口内に、湧き出させた唾液の蜜をたっぷりと送り込ませていた。
滑らかに舌先をくねらせて、男の口中を甘くて切ない女の味で満たさせた。

「ぶはぁ、はぁ……涼花……」

女性の側にリードされる濃密なキスが終わりを告げる。
溢れ返りそうな唾液の洪水に目を大きくした吾朗に、不意にまぶたを開けた涼花が瞳をぴたりと合わせていた。
そのままである。
薄く半円を描かせた唇を、彼女の方から引き離していくのだ。
街灯が照らし落とす光の輪の中で、交わされた唾液の糸がキラリと輝き、ブツンと千切られた。

「いいの……吾朗ちゃんはそのまま……」

涼花は膝を突いていた。
踏み固められた地面の上で、上目遣いの眼差しを吾朗に送りながら、右腕を差し伸ばしていた。
向き合う吾朗の下半身に指を愛おしそうに触れさせると、撫でるような手付きでズボンのファスナーを引いた。
しなだれかかるような指使いで、男のペニスを取り出していく。

「うふふ、ちょっとお疲れモードみたい」

目を細めた涼花が、薄く笑みを浮かべた。
新入りのホステスのように、背伸びした艶っぽい声音も零すと、俯き加減なペニスの先端を指で突いた。

人見知りなのだろうか。
気恥ずかしそうにする吾朗の肉棒をその指を絡めていき、根元の付近を柔らかく握った。

「涼花……お前、まさか……?」

彼女の仕草を目にすれば気付いていたはず。
それなのに吾朗は、周回遅れで声を上ずらせた。

「涼花ねぇ、吾朗ちゃんのオチ○チンがぁ、大好きなのぉ」

飴玉を口に含んだ。
そんな舌足らずな艶声が、真下から聞こえた。

そして涼花は口を寄せた。
居酒屋のテーブルの下で、その涼花に手コキで気持ちよくさせられ、今は半勃ちの姿を晒す肉茎に唇と舌が這わされる。

「むちゅ、ちゅにゅ……ふんむぅっ……」

アルファベットの『O』の字に開かれた唇が、吾朗のペニスを呑み込んでいた。
ついさっきまで吾朗の舌と戯れていた涼花の舌が、赤銅色をした肉肌をなぞるように舐め上げる。
いやらしくて淫らな舌音が、夜の公園にコダマしている。

「はあぁ……涼花、どうして?」

「じゅぶ、むちゅぅ……どうしてってぇ、涼花はぁ、チュル、チュル……エッチな女の子だから……」

吾朗が、訊くのも野暮な問いかけをした。
その吾朗の股間から返ってきたのは、相変わらずの舌足らずな素直すぎる回答である。

「わぁ、オチンチンが元気になってきたぁ」

続けて、幼さを演出したような悦びの歓声が後を追った。

第11話 エッチさでは負けられない! 純愛対決リョウカと涼花 ここまで


続きが待ちきれないなら作者様HPで!

羞恥の風

 

『ツレがスケベ小説に染まりまして……』一覧に戻る