雪女の禁じられた恋 悲哀の恋


姉妹サイトAD

同人音声サイト同人ゲームサイトへ

第9話“最後の夜”

 そしてついに小千谷最後の夜が訪れた。
 夜も更けた頃、いつものように亜理紗がやってきた。
 俊介は募る想い打ち明けた。

「亜理紗…僕は君を愛してしまった…。できることなら今すぐにでも君を東京に連れて帰りたい」
「まあ、嬉しい……ありがとうございます…俊介さん、私もあなたのことが大好きです。できればいっしょに東京に行きたい……」
「ぜひとも来て欲しい。亜理紗、君さえ了解してくれたら、明日、僕からお母さんに説得するよ」
「いいえ、それは……俊介さんといっしょに行きたいけど、やっぱり行けません……」
「どうして?」
「今は理由をお話できないけど……どうしても無理なんです……」

 亜理紗は表情を曇らせた。

「そうなんだ…きっと深い訳があるんだね。じゃあ今は諦めるよ。でもいつかきっと東京へ来てね。僕も機会を作ってきっと君に会いに来るから……」
「ありがとうございます……俊介さんの気持ち…すごく嬉しいです……」

 亜理紗は嗚咽し一筋の涙が頬を伝った。
 俊介は亜理紗の涙を指で拭ってやり、そっと抱きしめた。
 もしかしたらこれが最後の夜になるかも知れない…と俊介は思った。
 そんな想いを心に秘めながらふたりは愛の契りを結んだ。
 俊介はいつにもまして激しく亜理紗を攻め立てた。
 亜理紗もまたそれに応えるかのように、狂おしいほど悶えた。
 いくつかの体位をこなした後、亜理紗が俊介の上に乗ってきた。
 いつものように亜理紗は俊介の上で妖しく舞い、俊介は下から猛攻撃をかけたが、不思議なことに俊介はいくら動いても身体が温まってこない。
 むしろ異常なほど身体が冷えてくる。

(ううっ…寒い……どうしたんだろう…?)

 しかも奇妙なことに、摩擦することもあり本来結合部の温度は上昇するはずなのに、逆に体温よりも冷たく感じられた。
 いや、そればかりか挿し込まれている亜理紗の器までが恐ろしく冷たいのだ。
 端的に言えば、まるで氷の中にペニスを挿し込んでいるような、そんな想像を絶する感覚に陥った。

(おかしい……どうしてだ……)

 ところが亜理紗の顔を見ると情欲に悶える女そのものの表情であり、昨夜までと何ら変わりがない。

 まもなく亜理紗が絶頂を迎え、少し遅れて俊介もまた亜理紗の中で果ててしまった。
 しばらくすると亜理紗は前かがみになり顔を俊介に近づけた。
 俊介は亜理紗が接吻を求めてきたものだと思っていると…

(ふぅ~………)

 突然亜理紗は俊介に息を吹きかけた。
 その吐息は凍てつくように冷たかった。

「……!!」

 俊介は身体が凍えて次第に動かなくなっていくように感じた。
 亜理紗は涙をにじませながらささやいた。

「俊介さん、私はあなたが好き……あなたを東京に帰したくない……ずっとこのまま……」

 亜理紗はそれだけ話すとはたと言葉を切った。
 そして俊介から離れ涙声で言った。

「できない…できない、私にはとてもできないっ!さようなら…俊介さん……さようなら…ううう……」

 亜理紗は別れの言葉を口走りながら、涙ながらに部屋から出ていってしまった。
 しかも全裸のままで……

 俊介は思いがけない成り行きに呆然としていた。
 いったい亜理紗に何が起こったのか……
 亜理紗が述べた別れの言葉はある程度理解できるが、『私にはとてもできない』と述べたあの一言にはどんな意味が込められていたのだろうか。
 亜理紗が残した不可解な一言に俊介は思い悩んだ。
 果たして彼女は何ができないと言ったのだろうか……
 亜理紗が去った後も凍てつくような戦慄が俊介を支配していた。



 俊介はほとんど眠れないまま10日目の朝を迎えた。
 朝食を運んで来たのはいつもと同じ女将であった。
 そう言えば亜理紗が食事を運んできたことは一度もなかった。
 俊介は亜理紗のことを母親である女将に一度聞いてみたいと思っていたが、とうとう今日まで切り出すことができなかった。と言うのも、まさか「あなたの娘さんと恋に落ちて毎晩床をともにしています」などと言うわけにもいかなかった。
 しかし10日間お世話になったこの旅館とも今日でおさらばだ。
 俊介は思い切って亜理紗のことを尋ねてみることにした。

「女将さん、大変お世話になりました。また機会がありましたらぜひお邪魔させていただきます」
「こちらこそありがとうございました。ぜひまたいらっしゃってください。お待ちしております」
「ところで……」
「はい?」
「あのぅ…娘さんのことですが、昼間は全く見かけないのですが、どちらかに行かれているのでしょうか?」
「え…?娘…ですか?娘って私の娘のことですか…?」
「はい、もちろん女将さんの娘さんのことですよ」
「確かに私には娘はいますが…でも今は関西の方に嫁いでしまって、もうこちらにはいないんですよ。昨夜も電話で長話をしてしまいまして。で、その娘が何か……?」

第九話ここまで


第一話 雪女伝説

雪女伝説を巡る中で出会った美少女

第二話 美少女亜理紗

温泉旅館の美女仲居・女子大生の美少女との出会い

第三話 夜陰に紛れて

可愛い女子大生との初めての夜

第四話 ゆれる白磁肌

初心な女子大生の超絶フェラチオ

第五話 重なる二つの影

吸い付く少女の名器へ中出し

第六話 重なる二つの影

連日の夜伽 少女との甘いキス

第七話 濡れる花弁

少女を濡らす前戯 連夜のSEX

第八話 騎乗の美少女

女子大生の少女と精根尽き果てるほどの中出しエッチ

第九話 最後の夜

雪女の禁じられた恋 悲哀の恋

最終話

白雪の向こうの雪女伝説

作者様の別な作品を読みに行く↓
愛と官能の美学

『 亜理砂 雪むすめ 』一覧に戻る