孤高の美少女が転校生としてやってきて


姉妹サイトAD

同人音声サイト同人ゲームサイトへ

第一話

 転校生がやってきたのは、六月の梅雨が明ける少し前のことだった。
 いよいよ湿気による不快指数が高まる頃合いに、どことなく陰のある転校生がやって来たのだから、彼女は最初からいらぬ噂の中で迎えられることになった。

 だが、転校生・三黑江白奈(みくろえ しろな)は圧倒的な美少女だった。
 きらきらな瞳を描く少女漫画家が精魂込めて描いた美少女という感じで、セミロングの髪は艶やかで美しく、毛先に向けて静かな波を乗せている。
 整った小顔に大きな瞳、茶色がかった瞳そのものも綺麗だった。
 嫌みにならない程度の胸があるのにすらっとした体躯、手脚も白くて細い。
 どこまでも美少女の三黑江白奈だったけれど、唯一にして致命的な外見上の弱点があった。
 ちょっとだけ身長が低かったのだ。
 これで身長があればモデルとして十分やっていけると私は保証する。
 私の処女を賭けてもいい。
 それはそうと、少しロリ属性も兼ね備えてしまった三黑江白奈は男子ウケが非常に良かった。
 見た目の印象からそのままに、女子からも可愛がられるようなマスコットキャラでも演じて保身に走ればいいのに、三黑江白奈は周囲に愛想を振りまくこともなく、あらぬ噂話にも超然としている風に、机に腰掛けてぼぅ~っと梅雨空を眺めているばかりだった。
 なので梅雨が明けた頃にはクラスで孤立してしまい、それを見かねた担任教師が私に声を掛けた。

「未音さん、三黑江さんのこと、頼めるかな?」

 転校生の面倒を見るのは学級委員の仕事ではないのかと思うが、その学級委員は自分よりも容姿に優れた三黑江白奈を目の敵にしているらしく、移動教室の際にも三黑江白奈を放置しているようだ。
 おかげで、授業が始まっても三黑江白奈は別の教室で一人窓の外を眺めていたと聞く。
 梅雨の時期に転校してきた三黑江白奈の噂話は数あれど、移動教室を知らされずに置いてけぼりにされた時、見回りの男子教師が三黑江白奈に手を出そうとして指に噛みつかれたという噂も聞こえる。
 変態だと思っていた英語の教師が噛みつかれたらしく、彼の授業では皆が教師の包帯の巻かれた指を見て、ひそひそ話に興じていた。
 そんな中、私は三黑江白奈を見ていた。
 やっぱり彼女はどこまでも窓の外を眺めており、噂話が本当かどうか確かめる手がかりは全くなかった。
 ただ、窓の外を眺める三黑江白奈の横顔を見ていると、なんだろうか、私の心のずっと奥の方で、その美しい横顔に手を触れてみたいという欲求が芽を出しているのを感じずにはいられなかった。
 だから担任教師に三黑江白奈のことを頼まれた時、私はすぐに承諾したものだった。

「でも先生、三黑江さんって下手に触ってしまったら壊れてしまいそうで、私、ちょっと怖いです」
「その気持ちは先生もわかるよ。
 三黑江さんは独特な世界観があるように感じるね。
 それこそ硝子細工という言葉がピッタリだ」
「三黑江さんの世話係を引き受けるのは構いませんが、なにか耳に入れておいた方がいい事柄なんかはありますか?」

 うっかり転校生の地雷を踏んだりしないように先んじて教師から情報を貰っておく。
 が、担任教師はもったいぶるような意味ありげな間を開けてから、朗らかに笑う。

「三黑江さんは普通の女の子です。
 夏川未音さん、突然、転校生の面倒を押しつけておいてなんだけど、なんの前情報もなしに、なにも構えることなく三黑江さんとお友達になって欲しいと先生は思います」

 胸くそ悪い言い回しに、私はたぶん無表情だったと思う。

「それに未音さん、先生は三黑江さんのことを硝子細工と言ってしまいましたが、そんなことはないと思います。
 きっとそのことで萎縮されているのでしょう?
 大丈夫です。
 女の子は未音さんが思っているよりも、ずっと頑丈です。
 それに万が一少しくらい壊してしまっても治すことができるものです。
 いつでも先生が相談に乗りますから、精一杯、三黑江さんにぶつかってみてください」

 まだ6月の終わりだというのに、もうクラスの女子生徒一人を喰った担任教師は好き勝手に言う。
 私だって伊達に三黑江白奈の横顔ばかり眺めているわけではない。
 三黑江白奈は変態英語教師が教室に入ってきても知らぬ存ぜずの常の態度を崩さなかったが、今、私の目の前で教師面している担任のことだけは、一瞬だけ、一睨みきかせたことがあった。
 それはとても印象的だった。
 心をどこかに置き忘れてきたかのような三黑江白奈が、あの一瞬だけは糞担任に怒りを向けたのだから。
 初めて三黑江白奈の感情を、私は目にした。

「先生、指の怪我、どうしたんですか?」

 あの移動教室の時、授業がなかったのは英語の教師だけでなく、この糞担任もそうだった。
 糞担任の指には包帯も絆創膏もなければ、目立つ傷跡、歯形などはなかった。
 ないのは知っていて私は担任の顔を凝視しながら訊いた。
 糞担任が答える前に続ける。

「英語の小島先生の指、包帯が巻かれてて、小島先生のことが好きな生徒はみんな心配してるんですよ」
「あ、あぁ……小島先生は部活中に突き指をなさったそうだ」
「そうですか。早く治るといいですね。
 三黑江さんのことは任されました。努めてみます。では、これで」

 私はぺこりと頭を下げて踵を返した。
 糞担任の表情を見て理解を得た。
 三黑江白奈に手を出そうとしたのは、やっぱり糞担任だ。
 そして糞担任は、クラスで自分に靡かない女子生徒である私に、同じく自分に靡かない三黑江白奈を押しつけたのだ。
 とうに私もクラスで孤立させられていたが、孤立者同士で傷を舐め合えということだろう。
 5月の連休前に糞担任にデートに誘われたが、私は迷いなく断っていた。
 連休を過ぎるとクラスでの私の居場所はなくなっていた。
 糞担任の仕業に違いなかった。

 次の移動教室の際、やはり誰にも声を掛けてもらえていない孤独の転校生・三黑江白奈に私は声を掛けた。
 始業の鐘がなった後の、私と三黑江白奈しかいない教室。
 三黑江白奈は頬杖をついて、窓の向こうを眺めていた。
 現状から飛び出して空へ飛び立ちたい! なんていう思春期らしい生命力も想像力もなく、雲が流れているから眺めていたという感じ。
 たぶん、教室の時計に秒針があれば、雲の代わりにずっとそちらを眺めているんじゃないだろうか。
 私は三黑江白奈の席から数歩手前で立ち止まって彼女を観察していた。
 私の存在など全く気付いていないのか、それとも意図的に無視しているのだろうか。
 ある意味で他のクラスメイトと変わらぬその態度に、いっそ清々しさを感じる。

「初めまして、私、夏川未音です」

 三黑江白奈は、まるで雲が話しかけてきた、と言わんばかりに目を丸くしてこちらを向いた。

第一話ここまで


 第一話

孤高の美少女が転校生としてやってきて

第二話

同性愛の花園へ。しかしその願いは叶わずに

第三話

同性愛の少女達を引き裂く魔の手

第四話

大勢の乗客の前で手マンされ潮吹き絶頂

第五話

止まらない潮吹き、大勢の前で犯されて中出しプレイ

第六話

少女の危機に、嗜虐心によるオナニーが止められない

第七話

美少女を人前で全裸にひん剥き、大股開きのクンニリングス

第八話

醜男に犯される美少女の処女喪失

最終話

目の前で犯される少女、種付けプレスで中出し

投稿させてもらった官能小説一覧に戻る