女子大生が公衆便所でレイプされるっ!?


同人音声サイト同人ゲームサイトへ

第1話 女子大生が公衆便所でレイプされるっ!?

 その夜、クラブ活動を終えた大学生ありさ(20才)は速足で家路へと向かっていた。
 大学のサッカー部が運よく全国大会への出場を果たしたこともあって、チアガール部に所属しているありさは授業後も毎晩遅くまで練習に励んでいた。
 すでに午後10時を回り電車の本数もわずかとなっていたため、乗り遅れないようにと急ぎ足で校舎を後にした。
 校舎を出る時かすかにもようしていた尿意が次第に高まっていた。歩き始めた時は「駅までの辛抱」と堪えられたのだが、駅までの中間点辺りに差し掛かった頃、すでに限界に達していた。

「あぁ~弱ったなあ・・・。もう我慢しきれないよ~・・・。校舎を出る時にしておけばよかったなあ~・・・」

 ありさが差し掛かった辺りは比較的人通りが少なく、おまけに街灯もまばらで薄暗かった。 

「あっ、そうだ!あそこの角を左に曲がると公園があったわ。確か公園の中に公衆便所があったはずだわ!」

 通い慣れた道とは言っても、公園がある場所は経路から少し逸れるので、すぐにありさの脳裏に浮かばなかった。
 しかし不慣れな便所にはできるだけ行きたくないので、できることなら駅に着くまで我慢をしたかったが、今のありさにはもうその余裕がなかった。
 ありさはすがるような思いで一目散に公園の便所へと駆けて行った。

「はぁはぁはぁ~、はぁはぁはぁ~」

 やがてぼんやりと鈍い光を放つ外灯がありさの目に飛び込んできた。
 そしてその街灯の少し先には公衆便所があった。

「あっ!あった!よかった~!ひぃ~、もう漏れそう~~~!」

 公衆便所までたどり着くと『男子・女子』を指し示す案内プレートがあった。
 当然ながらありさは『女子』の方へ急いで駆け込んだ。

 公衆便所内はガランとしていて人の気配がない。
 左側には個室が3つ、右側には洗面器が3つ並んでいる。
 公衆便所特有の臭気はあまりなかったが、どんよりと淀んだ空気が何やら不気味さを漂わせていた。
 しかし、今はそんなことを言っている余裕などない。
 すでに限界まで達していて腹が破裂しそうだ。
 とにかく早く用を足したい。
 ありさは迷うことなく一番手前のトイレに駆け込んだ。


 
(ガチャ)

 見ると便器は洋式で幸い汚れもなくきれいだ。
 ただし壁には沢山の落書きで書きなぐられていてかなり汚い。
 しかし公衆便所ではよくあることで別に珍しくはない。
 ありさは気に止めることもなく、鞄を棚に乗せ、急いでスカートをまくり上げ、パンティを下ろした。
 便座に腰を下ろす。

 座るやいなや膀胱に溜まっていた液体が音を立てて放出を始めた。

「ふぅ~・・・」

 ありさは安堵のため息をついた。

 濡れた箇所をティッシュで拭った後、ロータンクのレバーを廻した。
 水が勢いよく溢れ出す。
 やっとふだんの自分に戻った気がした。

 ありさは何気に壁の正面に書いてある落書きを見た。

「ん・・・?」

『ありさとエッチしたい』

「やだぁ~、私と同じ名前じゃん。あはは~・・・。ん?ここ、女子便所なのに、まるで男が書いた落書きみたい~。へんなの・・・?」

 その落書きの少し右上には・・・

『ありさのパンティはピンク』

 と書かれていた。
 その日ありさが穿いていたパンティは偶然にもピンク色だった。

「なんで?私のと同じじゃん・・・な~んかへん・・・」

 今度は最初見た落書きの左側に目を移した。

『ありさはレイプされる』

「な、なによ!これっ・・・!?なんで・・・?なんで私と同じ名前ばかり書かれているの?薄気味悪いわ・・・やだ~!早くここ出ようっと!」

 ありさは慌ててパンティを上げながら、ふと後を振り返った。
 後にも落書きがいっぱい書かれている。
 その中でもひときわ大きな字で書かれた落書きを見て、ありさは愕然とした。

『ありさは二度とここから出られない』



第一話 女子大生が公衆便所でレイプされるっ!? ここまで


第一話

  女子大生が公衆便所でレイプされるっ!?

第二話

 公衆便所に監禁される女子大生

第三話

 公衆トイレに響く女子大生の悲鳴

第四話

 女子大生が公衆トイレで監禁拘束

第五話

 意外とテクニシャンな悪夢のクンニリングス

第六話

 敏感っ子のクリトリスを強力吸引

第七話

 強姦? レイプ? 公衆便所での不思議な一夜

最終話

早く続きが読みたいなら作者様HPにゆけ!
愛と官能の美学

 

『 悪夢の公衆便所 』一覧に戻る