第8話“騎乗の美少女”

 亜理紗はゆっくりと腰を上下動させる。
 俊介は最初微動だにしなかったが、まもなく亜理紗の腰のリズムに合わせるように、下から小刻みに突き上げた。

(ズンズンズン!ズンズンズン!)

 ふたりの動きは一段と激しさを増す。
 俊介の身体と亜理紗の身体がぶつかるたびにふたりの愛液が混じり合っていく。

「俊介さぁ~ん……んんっ……すごくいい……!」

 長い髪を振り乱し悶える亜理紗の姿が、まるで踊り子が踊りを舞っているように見える。

 亜理紗は急に上体を前屈させ俊介に接吻を求めた。
 俊介も負けじと濃厚なキスを返す。
 悦楽がさらなる悦楽を呼ぶ。官能がさらなる官能を呼ぶ。
 亜理紗の快感は急上昇していった。

「ああっ…俊介さん!私…イッちゃうかも!俊介さん、イッひゃうぅ~~~~~~~~~!!」

 歓喜にむせび随喜の涙を流し、亜理紗は卑猥な言葉をつむぐ。
 亜理紗の膣が蠢動し激しく肉棒を締めつける。

「亜理紗……亜理紗ぁ~~~!!」

 俊介も亜理紗の名前を呼ぶ。彼も絶頂が近づいている。
 次の瞬間、俊介は精を吸い取られていくような気がした。

「……!!……!?」

 俊介は射精直前に亜理紗から抜こうとした。いや瞬時に抜くべきだとかすかな理性が働いたのだ。
 だが亜理紗は俊介が離れることを拒んだ。
 俊介が射精する瞬間、逆に亜理紗は俊介に抱きつき強く密着した。

「俊介さん!私の中で思い切り出して!!」
「うううっ…もう持たない!!限界だ!!」

 亜理紗の腰が最大限に揺れた。

「あぁぁぁ~~~~~~っ!もう…もうダメ……!!わたし…イクぅぅぅぅぅ~~~~~~~~~~~~~~!!」

 亜理紗は身体を後方にのけぞらせて激しく喘いだ。

「うわぁ~~~~~~~~!!最高だ~~~~~!!出るぅ~~~~~~~~~~!!」
「出して!!出して!!いっぱい出してぇ~~~~~!!あぁ……俊介さんのが……こんなにいっぱい亜理紗の中へ……嬉しい……」
「亜理紗…かわいい……」
「俊介さん……大好き……」

 ふたりは繋がったまま、身体を布団で包み深い眠りについた。




 
 亜理紗はその後も俊介の部屋へ夜毎現れた。
 そしてふたりはめくるめく快楽の世界へとおぼれていった。
 俊介は亜理紗が現れるとずっと前からの恋人のように真心を込めて愛した。
 亜理紗もまた俊介の前では一心不乱に乱れた。

 一方、仕事の方は順調に進んでいた俊介であったが、3日目の取材中に軽いめまいがあった。
 亜理紗との夜毎の密事で寝不足が続いているからだと考え、それほど気には留めなかった。
 それから数日経ってもやはり時々めまいが起こり、それに疲れが残るようになった。
 小千谷に来て6日目のことだった。大浴場で体重を量ってみると驚いたことに体重が4キロ減っていた。
 ここ数年1キロ程度の増減は珍しくなかったが、短期間で4キロも減るのは初めてのことだった。

(どうしたんだろう?食事はきっちり摂っているのになあ……やっぱりアレが過ぎるのだろうか?)

 俊介は医者に行くことも考えたが、幸い症状は軽く仕事にも支障がないことから、とりあえず通院は見合わせることにした。

 俊介の頭の中は仕事以外は亜理紗のことでいっぱいだった。
 今夜もまた来るのだろうか。そう言えば亜理紗が訪れるのは夜更けばかりだ。
 ふと俊介は一度だけでいいから昼間に亜理紗と会いたいと思った。
 どうして昼間は来ないのだろうか。おそらく女将や他の仲居に自分とのことが見つかると拙いと思い、わざと現れないだろうか。
 それにしても奇妙だ。自室に訪れてくる亜理紗を見る以外、旅館内で彼女の姿を見たことは一度もない。
 女将に亜理紗の所在を聞けば良いのだが、もしも深夜の秘め事を感づかれたら厄介だ。
 亜理紗が叱られても可哀想だし、女将の怒りを買って取材が中断にでもなれば大変だ。
 そんな事情から女将に聞くわけにもいかない。

 雪女伝説の取材については、村の長老や識者それに寺の住職や神社の宮司にも聞くことができたし、一応目的は果たした。
 俊介はまもなく10日間の取材を終え東京に帰ることになる。
 取材で得た情報や撮影した写真は東京に戻ってから編集すればよい。
 俊介の心残りはやはり亜理紗だった。
 あれほど気立てが良くて見目麗しい娘というものは滅多にいるものではない。
 それでいて、ひとたび褥に入ればまだ10代とは思えないほど淫らな女に変身する。
 最初のうちは多少遊び心があったことは否めないが、毎夜逢う瀬を重ねていくうちに亜理紗への想いはどんどんと深まっていった。
 もし叶うならずっとそばにいて欲しい。
 亜理紗の気持ちを確かめたわけではないが、好意を寄せてくれていることは間違いなかった。
 それは亜理紗と愛し合っているときの瞳の輝きから十分に読み取れた。

第八話ここまで


第一話 雪女伝説

雪女伝説を巡る中で出会った美少女

第二話 美少女亜理紗

温泉旅館の美女仲居・女子大生の美少女との出会い

第三話 夜陰に紛れて

可愛い女子大生との初めての夜

第四話 ゆれる白磁肌

初心な女子大生の超絶フェラチオ

第五話 重なる二つの影

吸い付く少女の名器へ中出し

第六話 重なる二つの影

連日の夜伽 少女との甘いキス

第七話 濡れる花弁

少女を濡らす前戯 連夜のSEX

第八話 騎乗の美少女

女子大生の少女と精根尽き果てるほどの中出しエッチ

第九話 最後の夜

雪女の禁じられた恋 悲哀の恋

最終話

白雪の向こうの雪女伝説

作者様の別な作品を読みに行く↓
愛と官能の美学

『 亜理砂 雪むすめ 』一覧に戻る