強制おもらし絶頂機姦 1


同人音声サイト同人ゲームサイトへ

―――強制おもらし絶頂機姦 1――

夜、実験室。

大型の機械装置にお股を固定された私は、胸に乳首を回転させる器具を取り付けられたまま、機械の診療台に座っていた・・・。

・・・お股が全く動かない。丸みを帯びた機械の大型パンツに、がっちりと押さえられている・・・。太股や腰とかは一応動かせるのだが・・・。

また、手枷と足枷が装着されている。手と足はある程度動かせるけど・・・台から離れることはできないし、器具を触ることも不可能・・・、こんなところだ。

お股が完全固定されているところから察するに、尿道を攻められる可能性が・・・た、高い・・かも・・・。

「いやー。萌子ちゃんは、尿道も攻めることが可能だからー、実験調査で大いに助かるわー」

メイドの茜さんが、尿道攻めの見本器具を持ちながら、私に明るく話しかけてくる。・・・思っているそばから説明された・・・。今日は、尿道攻めするきかぁぁぁ~~~っ! やぁあ~~んっ!

「ほれほれ。嫌がらないで、まずはこれを見なさい」

すごく毛の長い・・・小さなタマネギのような形をした灰色の器具を、私に見せびらかす。・・・これはなんぞや?

「萌子ちゃんの股間を固定している機械の中に、仕込まれているものよー」

私の疑問に的確に答えてくれる。・・・あぁ、その細長いものを、私の尿道に優しくぶっ刺すつもりなのですね・・・。

ぬるるるるるる~・・・。

ほっ・・・本当にぃ、しゃしぃてきちゃぁったぁあぁあ~~~っ!

機械の内部が動作して、私の尿道口をぐぐっと開かせた後・・・小さな穴の中に、ぬるぬるする機械の棒を、少しずつ奥まで挿入・・・。

「あ・・・あ・・・あ・・・っ」

私の尿道がやんわりと開かれて、そこを機械の棒が占領する。おしっこをしている感じの、じれったいような~・・・あまったるいような~・・・温か~い快感が、膣内上部で満たされていく・・・。

「機械による管理と制御だから、尿道に悪影響を及ぼす心配はないわよー。このまま最深部まで挿入されちゃってねー」

ぬ、ぬ、ぬ、ぬ、ぬ・・・。

尿道に差し込まれた棒は、尿道を傷つけないようにしながら、丁重に、丁重に、奥まで突き進んでいく。

ぐ・・・ぐ・・・ぐ・・・っ。

「ふぁあぁあぁ・・・お、お、奥がぁあぁ~~~・・・」

奥まで差し込まれる。奥まで差し込まれているのに・・・、機械の棒はさらに奥に進む。

奥の閉じている部分が、優しく丁寧にこじ開けられる・・・。ちょっとずつ進行して、その位置を陣取ったら停止。

「はぁ・・・はぁ・・・」

私が少し落ち着いたら、棒は再び奥に進み、・・・おしっこを止める部分を、すべて開通させる。

「はぁぁ・・・はぁ、はぁ、はぁぁ・・・っ!」

ぬっぽり。

・・・一番奥まで入り込んだと思われたが・・・、

ぬるぬるぬる・・・。

「はひぃいぃぃ~~~~・・・っっ!」

さらに奥まで入れられる。・・・いったいどのくらい挿入されているのだろうか・・・!?

「はーい。ぼうこう中心付近まで全部挿入完了~」

・・・あ。終わってた。

ちょろっ、ちょろ・・・っ。

差し込まれた棒の入り口から、温かいおしっこが少しだけ漏れてくる。・・・呼吸にあわせて微量の失禁を続けてしまうが、途中、尿道棒が何かをしたため、途中でおしっこの放流が止まる。

「そういえば、説明が遅れたけどー・・・私が持ってるこの機姦は「おしっこ制御機姦」と言ってね。こうやって、ぼうこうに進入したところでストッパーを広げる機能があって・・・現在、萌子ちゃんのおしっこをすべて管理できる状態なのよ~」

茜さんは、所持している同一の器具を動作させて、おしっこ制御機姦がどう動いているのか、わかりやすく見せてくれる。

・・・わ、私のぼうこう内の入り口に、ば、バルーンがっ!?

「挿入記念にー、とりあえず、おしっこを全部漏らしちゃいなさ~い」

ボシュン。

茜さんの持っているおしっこ制御機姦の、先端より少し下のバルーンが消失する。

ーーーその途端。

お股の奥がヒクヒクと動いて、温か~い液体が尿道を通過しているように感じた後・・・、

ちょぼぼぼぼっぼぼぼぼ・・・・。

「あ~~~~~~・・・っ」

棒が差し込まれた状態の尿道口から尿が漏れて・・・無理矢理お漏らしさせられてしまう。・・・漏らしたおしっこは機械に連結した小さなホースの中に全て回収されていく・・・。

「んふふふっ。・・・おしっこ制御機姦と、股間に固定されている機械の通電で、自由に失禁させることが可能なのよ~。・・・さらに~」

ぐりゅりゅりゅりゅぅ~~~。

茜さんがタブレットをタッチして、私のおっぱいに固定されている乳首攻めの器具を回転させる。

「んあぁぁぁああぁあ~~~、あぁあああ~~~っ!」

乳首が急激に甘みを増していく。尿道の刺激が原因で、性感を蓄えていたため・・・最初から結構気持ちがイイ。

ぐりゅん、ぐりゅん、ぐりゅん、ぐりゅん。

「にゃあぁあぁ~~~あぁぁあ~~~っ! あう、あう、・・・はぁ、はぁ、はぁぁあぁ~~~・・・!」

おっぱいをぶるんぶるんに震わせながら、体を軽くよじらせて色っぽい声を叫ぶ。・・・尿道に何かされるより、こ~ゆ~ことされるほうが、何倍も好きですわぁ~~あん。

「萌子ちゃん萌子ちゃん。快くなりながらでいいから、こっち見て~」

んぁ~~~?

茜さんは、再度私にタマネギ状の器具を見せつけてくる。

ぷくぅぅぅうぅぅ~~~。

先端部分が大きく膨れる。・・・何してるんだ?

「ーーーーっ!!」

少し遅れてから、何をしているかを察して・・・顔がボッと赤くなる。・・・ぼ、ぼうこうの中で、そそ、そんなもの膨らませちゃだめぇぇええぇ~~~~っ!

「そうそう。今ねー、萌子ちゃんのぼうこう内で放水バルーンを膨らませてるの~。・・・これはねっ、一部の箇所がバルーンじゃなくて機械の蓋で構成されていてね。・・・股間を固定している機械から、どばーーっと温水を注入することができるのよ~」

茜さんは実際に、所持しているおしっこ制御機姦の、膨らんだバルーンに付属している機械の蓋を開けさせて、その辺にお湯を垂らしていく。

「あぁぁ・・・ま、まって・・・、あ、あっ、いやぁあぁ~~~っ!」

私のお股は温かくなって、ちょっぴり膨らんでいく。ぼうこう内に大量の温水を注入されている。

「当然っ、おしっこ制御機姦が差し込まれている最中はー、萌子ちゃんは自分の意志ではおしっこできないわよ~。・・・お股をお湯でパンパンにしちゃいましょうねぇ~」

「あ・・・あ・・ああ・・・あっ!」

顔を傾け、下肢の一部をゆるやかにくねらせながら、お股を熱く火照らせていく。おおお、おしっこぉ~~~っ! おしっこしたぁあ~~~いいぃ~~~っ!

ぎゅるん、ぎゅるん、ぎゅるぎゅるぎゅるぎゅる。

「おっひいぃいぃぃ~~~~っっ!!」

そこに、とっても気持ち良い・・・乳首回転器具の追加攻撃! お股も熱いが胸も熱い。

「ああ・・・ふぁ・・ふぁ・・・ふああぁ・・・」

おしっこしたいのに、おしっこができなくて、・・・乳首がかなり気持ち良いけど、ぼうこうの不快感で妙に絶頂できなくて・・・。

っぎゅうるるるるるるるっ。

その状態で、しばらく乳首を刺激され続けてぇえぇ~~~・・・ああぁあぁああ~~~っ、なんだか、ももも、もう、無理いぃいいぃぃ~~~っ!! む~~り~~~っ!! あひいぃぃぃ~~~っ!!

私は変な笑顔になったまま、あまり強く拘束されていない体の部分を左右に動かし・・・頬を赤らめて、涙を垂らしながら・・・自分の世界に入り浸る。

「もうそろそろ、イっちゃうかな~? ・・・この機姦を装着させられたまま、イっちゃうとねー・・・」

イっちゃうとおぉおぉ~~~っっ!?

心が快感で深く沈んでいく中、がんばって茜さんの声に耳を傾ける。




 まだまだ作品がどっさりの作者様のHPに読みに行く↓
快楽機姦研究所

『快楽機姦研究所』一覧に戻る