くすぐりおもらし調教機 1


姉妹サイトAD

同人音声サイト 同人ゲームサイトへ

―――くすぐりおもらし調教機 1――

快楽機姦研究所。SMルーム。

オムツを履いた状態の私は、手をロープで縛られたまま上に持ちあげられ・・・わきを大きく広げた姿勢にされていた・・・。

「ほ~れ、こちょこちょこちょこちょこちょ~」

「あぁぁあぁあ~~、ぁぁあぁあ~~っ!!」

メイドの茜さんに、後ろから両わきを同時にくすぐられる。

私は体を左右によじりながら、大きな声で笑う。・・・変に気持ちが良い。

「こうやって、定期的にくすぐり調教もしてきたけれど・・・、だいぶ快感に変換するようになったわねぇ。萌子ちゃん」

さわさわさすり、なでなでなでなで。

「あ~~んっっ!! あははははぁあ~~っ、だ、だって、なんか、き、き、気持ちいぃいーーーっっ!! ひーーんっ!! あははははっ!!」

わきの強制くすぐりが、たまら~んっ!! オムツの中をお汁でムレムレにしながら、笑顔で腰を振る。

「くすぐり愛好家の中には、快感を成長させたくないって人もいるんだけれどー・・・私はー、萌子ちゃんに・・・くすぐりでも快楽を感じて欲しいかな~」

わっきゃわっきゃ・・・ぴたっ。

「あははは・・・は・・・ふぇ?」

楽しい笑い声が途中で止まる。ニッコリした口が元に戻る・・・。

「・・・私の萌子ちゃんはねっ。くすぐられるだけで思考能力が強制的に欠落して・・・そのままこちょこちょすると、あっけなく失禁絶頂するような子になって欲しいな~」

あごの下をぺろっとなめられる。ゾクゾクっとする感覚が震えながら顔に伝わる。・・・うっひゃあぁああああ~~~っっ!!

「ねーえっ、・・・今でもかなりくすぐりに弱い体みたいだけど~・・・さらに、くすぐりに弱くなるように調教しても良いかしら? 萌子ちゃん・・・」

茜さんは、怪しげに笑いながら・・・私の頬を優しくなでる。

・・・茜さんのモノである私は、原則、茜さんの要求に否定はしない・・・。

「・・・ん、・・・へへ・・・」

卑屈な微笑みをしたまま、コクリと一度大きくうなずいた・・・。

後日、地下3Fの大型機姦が置かれている調教室で。

カプセルの中・・・。

手は上、足は下、体の後ろ側全体がじっとりする薬に漬けられている全裸の私は、腕と脚が機械の器具に飲み込まれた状態で、目隠しをされて仰向けになっていた・・・。

・・・顔にはピンクのマスクが取り付けられている。

「はーーっ、はーーっ・・・」

呼吸器官に特殊な媚薬ガスが流れ込んできている。マスクが外れることはない。強制的に媚薬ガスを吸わされて、なんだかうっとりイイ気持ちぃ~~~・・・。ほへぇえ~~・・・。

・・・また、頭には脳内通電ベルトが装着されていて、後頭部の下側には謎の大きな器具が密着している。耳には催眠音声が流せるヘッドホンも固定。・・・顔も体も動かすことができない・・・。

それと、お股には強制排尿通電器具と、尿回収ホースがくっついている。右腕の投薬の腕輪からは薬を注入中・・・。耳からは常時催眠音楽が聞こえてきて、私の深層心理の一部をゆっくり書き換えていく・・・。

現在進行形で、くすぐりの弱体化調教が行われている・・・。

「どーお? 機姦「くすぐり弱体化調教機」は良い気分かしら~、萌子ちゃん」

「ふぁあぁ~~~いっ・・・」

「うふふっ、媚薬もたっぷりしみこんできたわねー。今日から数日にかけて、萌子ちゃんの体と脳を、とてもくすぐりに弱くするよう改造調教していくからね~。よろしくー。

・・・そしてー。この調教が終えるとー、くすぐりに全く逆らえることができなくなるわ。

くすぐりに弱い性感ポイントをコチョると、萌子ちゃんは自分の意思に関係なく笑い続け、同時に深い快楽を得られるようになるの。

・・・そのままくすぐりを続けられると・・・泣きながらお漏らしをして絶頂するわ・・・。。できる限り体がそうなれるように、機械でしっかり体を改造してあげる~」

ちちちち、びびびびび・・・。

「ぁあぁ、ぁ、ぁ、ぁあぁあぁ・・・」

額に巻かれた通電ベルトが、私の脳に微弱な電流を送り始める。私はさらに気分が良くなって、まぶたをうっすら閉じながら目を上に向けていく・・・。

ぬるり、ぬるり、ぬめり、ぬめり。

くすぐり弱体化調教機から、ぬるっとする液体を付着させた触手のようなマシーンが現れて、私のわきや足の裏、足の甲、わき腹、もものつけね等を・・・やんわりとくすぐっていく・・・。

「あ、あ、ああ、あ、あ・・・っ」

脳内快楽通電と組合わさって調教される。・・・淡いくすぐりから深い快楽を目覚めるように開発されていく・・・。

「お薬を内部と外部から体に浸透させることで、動脈が通っている部分のお肌を、より敏感になるようにしているのよ~。・・・ここでねっ」

じわわわわわわわぁぁ~~~~・・・。

「あ~~~~~~~~~・・・」

後頭部にも微弱な電流が発生して、心が少しずつトロトロに溶かされていく・・・。

「萌子ちゃんの小脳付近にも機械による完璧な通電コントロールを行い、くすぐられたときの脳内の混乱を増幅させるように成長させるの。少し過剰反応になる感じね」

じわんじわんじわんじわん、ぬっちょぬっちょもっちょもっちょ。

「あ~~~っ・・・あ~~~っ・・・あ~~~~~っ・・・」

体を悶えさせながら、脳内を改造されていく。目隠しの下から頬に涙を垂らし、大きく口を開けて、単調なきょうせいをいっぱい漏らしていく・・・。媚薬ガスが脳内を変にしていく・・・。さらに、催眠暗示がサポートして、脳内開発の不安を取り除き、くすぐり弱体化の促進を促す。

「あ~~~っ・・・・・あ~~~~っっ・・・っ」

拘束されて動けない体をフルフルとよじらせながら、ほわんほわんな気分で喜び続ける。

くすぐったさは少し押さえ気味で・・・代わりに気持ちよさが、皮膚の奥にじゅわぁ~~っと浸透していく。

ひくひく、ひくひくっ!

色々な性開発をされてきた私の体はそれにとても順応し、くすぐりにとてもとても弱くなるよう、調教されていく・・・。

「特定の条件で、自律神経を過剰反応させてー、それを防止させるための神経を強化することでー、すさまじい笑いを生み出せるようになっていくわ~」

「あ~~~~~・・・、あ、あ、あ、あ・・・」

「脳内通電、気持ち良い? それともー、肌に触れている大量のくすぐりマシーンが心を躍らせているのかなー?」

茜さんは私が性開発されていく様子を、カプセルの外から楽しそうに眺めている。

「あぁぁあぁ・・・ぁぁあ・・・あ、あたまが・・・勝手にぃ~・・・ああんっ。・・・はぁぅ~~~っ!」

・・・私は、こうやって拘束されて強制的に体を開発されてしまうことに・・・とびっきりのいやらしくて素敵な興奮を覚える・・・。

びっ、びっ、びっ、びっ、びっ。

「あっ、あっ、あっ、あっ、あっ・・・」

目の焦点が合わせられないまま、媚薬ガスを吸い続けて、脳内を電気とお薬で開発されていく・・・。

赤紫と青紫の夜空が見える。ふかふかベッドに乗って、笑顔のまま目をつぶり、深い幸せを感じている気分・・・。

「もうそろそろ、絶頂しちゃうかな~? この機姦、絶頂する時におもしろい機能が付いているのよーん」

ほえぇええ~~~・・・?

しびしびしびしびしびしびしびびぃぃ~~。

「ーーーーっっ!! あ”ーーーーーーーっっ・・・い”ひっ・・・!?」

ぷしゃああぁぁあぁぁぁあぁあぁぁ~~~・・・。

快楽を溜め込んで絶頂しそうになった時、お股に気持ちの良い電気が流される。私のぼうこうの出口はそれを喜ぶかのように受け入れて、私の脳内制御から離脱して閉めていた扉を開封する。

そこから暖かい液体が一気に流れ込む。とても気持ち良い状態の時にとても良いことをされて・・・、絶頂はすごぉ~く良いものに変化する・・・。



 まだまだ作品がどっさりの作者様のHPに読みに行く↓
快楽機姦研究所

『快楽機姦研究所』一覧に戻る