ゴスロリ少女にだいしゅきホールドされてたっぷり中出し


同人音声サイト同人ゲームサイトへ

 第五話

手マンで絶頂に達した電波少女。
 少し休ませてあげた方が良いと思うんだけど、僕は悪魔設定なので攻め続けてやった方が適切だとも思う。
 鉤爪設定の僕の手に股間を掻き回された電波少女は、そのまま股を広げて肩で息をしている。
 ちらっと僕に視線を送ってくる。
 なんであんたが素に戻ってんの?――そんな感じで。
なので僕は電波少女のヒクつく膣口に勃起した性器をあてがった。

「今すぐ悪魔の子を孕ませてやるからな」
「……そ、そんな大きなの……挿いらないっ……!」
「ずいぶん小さなまんこだな、天界の奴らはこんな小さいので満足してんのかぁ?」
「お前のが大きすぎるのよ……っ!
 そ……そんな大きさ……絶対に無理っっ!」

 電波少女が悲鳴のように叫ぶ。
 日本人平均サイズの僕だったけれど、設定上は巨根らしい。
 電波少女が僕の性器を見て、大きすぎると喚いてくれるのは嬉しい気分だった。
 亀頭を電波少女の膣道にめり込ませる。

「いや゛ああっ!! 裂ける裂けるっ! 裂けちゃうっっ!
 抜いて! 抜いて! いやあっっっ!」
「先っぽしか挿れてねぇのに、キツすぎだぞ、お前」
「だから無理なんだってば! 無理っっ!
 悪魔となんかエッチできないのっ! 痛いから、もう抜いてっっ!」

 それでも微かに余裕の感じられる悲鳴の電波少女。
 年齢体格相応に小さめな女性器とはいえ、挿入が不可能というわけではないと思う。
 僕は電波少女の未熟な骨盤を抱えると、一気に腰を叩きつけて挿入を果たした。

「んぁあぅぐっ……!! く、苦し…!
 お……奥に…奥まで……挿いっちゃ……た……。
 悪魔が……奥まで……っ!」
「なんだ……挿いるじゃないか。
 くぅぅっ……キツいのに絡みついてきやがる」

 実際、手マンでイッたばかりの膣内はぴくぴく痙攣を残し、僕の性器が奥まで挿入されるとギュギュ~っと収縮して吸い付いてくるようだった。
 なかなか具合の良い膣肉だった。

「さ、動くぞ」
「待って……ああ゛っ! んっぅ゛!!
 中が……ゴリゴリ…掻き回され……て……んあ゛っ! あ、っ……これ……す、凄…」
「悪魔にレイプされていながら、お前、感じてるんじゃないのか?」
「そ、そんな…こと……っ!」
「悪魔のちんぽ、気持ち良いんだろう? なぁ、感じてるんだろう?
 正直になっちまえよ、どうせお前は淫乱な雌ガキなんだからよ!」

 そうして速度を上げて電波少女を攻める。
 潮吹き体質な電波少女の膣内は愛液の溢れ方が激しく、腰を叩きつけると愛液が飛び散った。
 ぐじゅっ、ぐじゅっ、と淫靡な水音、軽トラの軋む音、そこに電波少女の湿気った吐息が重なる。

「ほら言え!
 悪魔に犯されて気持ち良いって! 悪魔の極太ちんぽに犯されて気持ち良いってな!」
「誰…が、そ…んな……っ! あっん! …あ゛んっ!
 ああ゛ぅっ! あん゛んっ! ぅあ゛っ! ああっ! んん゛っ!!」

 今度は速度を緩め、勿体ぶって腰を引き、勢いを付けて腰を叩きつける。

「ああぁ゛っん!! ひああっぐぅ!! んああっんっ゛!!」

 もう設定なんて忘れて性欲に溺れたい気になってくる。
 僕は電波少女を抱きしめながら正常位で腰をガンガン叩きつけた。

「気持ち良さそうな顔をして……気持ち良いんだろう?
 感じてるんだろう? おまんこの締め付けがまた一段と強くなってきたぞ」
「んああ゛んっ! 感じて……なんてっ…!
 悪魔…なんか、悪魔なんか……にっっ!」

 力任せに腰を叩きつける。
 大人と子供くらいの体格差はあるものの、電波少女は僕の身体には丁度良いサイズで、性器を擦り合わせながら抱きしめると、すっぽりと胸に収まった。
 台詞の上では抵抗を見せる電波少女だったけれど、その細い両腕と両脚とで僕の身体にしがみついてきており、狭い膣道の奥には子宮口が下りてきていた。
 亀頭の先端で子宮口を押し潰すと、電波少女の背筋がぞくぞく震えるのが腕に伝わってくる。
 力強く、速度を上げる。

「もうイキそうなんだろう?
 あぁっ!? すっかり悦んだ顔しちまってるぞ!
 悪魔に犯されて気持ち良いのか? おい、どうなんだよっ!」

 ゴリゴリと膣を犯す。

「く……ぅ、あ゛っ! あぅぅ゛っっぅ!!」

 口辺に泡を吹き始めた電波少女は、その視線に力が無くなる。
 紅潮した顔は性感に酔い痴れているのをまざまざと示していた。
 このまま絶頂に達するのかと思いきや、ある時点で堰を切ったかのように電波少女の態度が一変した。

「んあ゛あ゛っっ!! もうダメもぅ゛ダメめぇぇ゛っ!!
 気持ち良い気持ち良い気持ち良い゛のっ!! 凄いっ、こんなの初めてなのっ!
 あぁっん゛っ! んぅああっ゛! おっきくでぇっ……おぐまで届ぐのぉっ!」

 口を開かなければ天使然とした美少女が、悪魔の責め苦によって遂に快楽堕ちしたかのような様子だった。

「悪魔のおちんぢんっ! おっきくて、気持ちぃぃぃのっ!
 凄いのっ凄い゛のっ! こんなの゛普通じゃないの゛ぉ!
 凄すぎる……んん゛ぅっあああ゛ぁ゛! 気持ちいい゛っっ!!」
「悪魔に犯されるの、堪らないだろう?
 すっかり雌の顔しちまいやがって。
 中に出してやるからな、孕ましてやるからなっ!」
「出しでっ! もう出してっっぇ゛! 好きなだけ出しで下ざいぃぃっっ!!」
「もう二度と天界には行けなくなるぞ!」
「良いです゛っ! 私、ずっと悪魔の性奴隷になりま゛すぅ゛ぅっ!」

 完全に両手両脚で電波少女に絡みつかれ、もう中出しするしかない状態で、僕は全力でラストスパートに入る。
 膣肉の締め付けは厳しさを増し、生温い愛液が飛沫を上げる。
 胸に抱いた電波少女の身体は熱く、膣内はさらに熱い。
 泡を吹きながら半分白目を剥く電波少女を抱き締めながら、昂ぶる射精感に任せて腰を叩きつける。

「ぅおおおっ! 出すぞっ! 出すぞっっ!!」

 妊娠したがりの子宮口をめがけて亀頭を叩きつけ、その勢いに乗せるようにして精液を吐き出す。

「ん゛んぁああ゛あっっ!! 熱いっっ!! 熱いっ! 出てるっ! 出てるぅぅっ!!」

 膣肉が蠕動して精液を絞り上げていく。
 軽トラの車検か買い替えかで悶々としていた数日、溜めに溜めた精液を余すこと無く吐き出す。
 少々肉付きは良くないものの、電波少女は若く健康的な母胎だと僕の本能が認めている。
 孕ませろと本能が命令するままに一滴残さず中出ししてやった。

 続く

『電波少女編』一覧に戻る