遅刻したJKの身体を教材にして性教育


姉妹サイトAD

同人音声サイト 同人ゲームサイトへ

第1話 遅刻したJKの身体を教材にして性教育

 観音山高校に通う愛川未来(2年生・17才)は、1学期の期末試験が終わる頃、夏休みに特別授業があることを知らされた。
 それは保健の授業の一環で、2年生男女を対象にクラス単位で「性教育」の授業が行なわれるというものであった。
 テーマは『命の尊さと性』と壮大な命題が掲げられていて、講師には石崎良摩(28才)という保健体育の教師が務めることになっていた。夏休み中に登校しなければならない煩わしさはあったが、生徒達にとって内容が興味深いものだけに、内心楽しみにしている生徒も多かった。
 未来もその内のひとりといってよかった。

 特別授業のある朝、バスが交通渋滞に巻き込まれ、予定より到着が遅れてしまった。
 バス停から駆け足で学校に向かったが、教室に着いた時は既に授業開始時刻を10分過ぎていた。

「すみません、先生。バスが渋滞で遅れてしまい遅刻しました」
「おお、愛川、来たか。よし、いいから席に着け」
「はい・・・」

 みんなの視線を避けるように、未来はそっと席に着いた。

 石崎は未来が席に着くのを見て、演台の前に立った。

「ゴホンッ。みんな、今日は夏休み中ご苦労様。では今から保健の特別授業を行なう。学校側は『命の尊さと性』などと大層なお題目を掲げているが、私はあまり小難しい授業にするつもりはない。それにたった2時間でこんなでかいテーマを説明できるわけがないとも思っている。
 性教育のテーマといえば、一般的に、『性器』『性交』『ジェンダー』『家族』『多様なセクシュアリティ』『2次性徴』『恋愛との関連性』『性感染症』『商品化』『性暴力・性的虐待』などと挙げればキリがないくらい沢山ある。時間の都合もあるので、今日はその中から、みんなが最も興味を持っている『性器』と『性交』だけに絞り込んで授業を進めていきたいと思う」

 石崎がそう述べると、男子生徒を中心に拍手喝采が巻き起こった。
 また、女子生徒達のほとんどが照れ臭そうにクスクスと笑っていた。
 高校2年生ともなれば、男女とも性経験のある者、ない者、まちまちであり、反応もまた様々といえた。

 石崎の言葉が続いた。

「今日の授業内容をしっかりと理解するために、ぜひとも必要なものがある」
「・・・?」
「・・・・・・??」
「先生、必要なものって何ですか?」

「生きた教材だ」
「えっ・・・?」
「生きた教材?」
「生きた教材って、もしかしてナマの人間のこと!?」
「きゃあ~~~!いやだぁ~~~!」
「先生、エッチぃ~~~!」
「静粛に」

(シーン)

「医学書のイラストをコピーして配布することも考えたが、それでは臨場感がなく理解しにくい。その点実物は最も分かりやすく最高の教材といえる。学習するうえでこれほど適した教材はない」
「それはそうかも知れませんが、誰が一体そんな教材になるんですか?」
「お前たちの中から女子1名立候補してもらいたい」
「きゃぁ~~~!恥ずかしい~~~!」
「やだぁ~~~!立候補なんて絶対無理です!」
「男はいいのですか?」
「お前やりたいか?」
「いいえ、遠慮しておきます」
「そうか。男性の身体の構造は女性よりも単純なのでイラストでも十分に事足りる。だから教材は女子だけで良い」
「はぁ・・・そうなんですか」
「男の教材もあったらすごいことになると思ったのに~!」
「ははははは~!本当だ~!」
「わははははは~~~!」
「静粛に」

(シーン)

「で、女子は誰が教材になるのですか?」
「ふうむ。そうだなあ・・・よし、教材は愛川になってもらおうか」

「ええっ!!う、うそっ!?」

 未来は突然石崎から名指しされて仰天してしまった。

「遅刻したバツだ」
「そ、そんなあ~~~~~!!それはあんまりです~!!遅刻はしましたけど朝寝坊とかじゃありません!クルマの渋滞でバスが遅れたから遅刻したんです!!」
「愛川はそう言っているが、みんなはどう思う?よし、ひとつここは民主的に決めることにしよう」



第一話 遅刻したJKの身体を教材にして性教育 ここまで

早く続きが読みたいなら作者様HPにゆけ!
愛と官能の美学

 

『 性教育 』一覧に戻る