快楽堕ちする服従調教セックス


同人音声サイト同人ゲームサイトへ

―――快楽堕ちする服従調教セックス 1――

前回。

監禁拘束部屋で淫乱化催眠調教セックスを受け続けた私は、身も心も、淫乱化が強く進行し・・・メイドの茜さんにどっぷりと服従するようになっていた・・・。

快楽機姦研究所。自室にて。

「萌子ちゃ~ん。服を着たままで良いから、こっちに来なさ~い。・・・気持ちよくしてあげるわ~」

「はぁ~~い」

布団の上にいるメイドの茜さんに呼ばれたので、そちらに向かう。

「立ったまま、上半身を屈(かが)めて、パンツとお尻を私に差し出してね」

すっ・・・、ぷりんっ。

・・・言われたとおり、身を屈めてお尻を差し出す。茜さんは私のお尻を片手で愛おしく触りながら、もう片方の手で、中央部分・・・アソコをすりすりと愛撫する。

「んっ! はぁ・・・はぁあ・・・。はぁ~・・・はぁ~~・・」

「ほらほら~。お股、気持ちいいでしょ~。私にいじられると気持ちいいでしょ~」

「ふぁあ~~い。気持ちいいですぅ~~~。あっ・・・はわわぁ~~~」

しばらく、アソコだけを集中的になでられる。

「これから、調教セックスしたいんだけど~。いいかしら?」

「はっ、あっ・・・! はぁ、はぁ・・・はいっ。茜さんの好きな時にぃ、私にエッチ・・・してくださぁ~い」

「・・・そ、そぉ。・・・イイ・・・イイわよぉ~! そんなエッチでイイ子には、ひとまず愛撫絶頂をプレゼント~」

こしゅり、こしゅり、こすこすこす。

パンツの上からアソコをずーとなでられる。シミが付いてもなでられる。びっしょり濡れてきてもなでられる。ぐっちょぐちょになってもなでられる。

トロトロの笑顔になるほどお股を気持ちよくこすられて・・・立つのが難しくなるぐらいに太股をびくびく震えて、おしるをいっぱい垂らしても・・・なでられる。

身を屈めてお尻とパンツを茜さんに差し出したまま・・・お股をずっとなでられる。

「・・・あ”ひんっ!」

快楽の刺激が体の中を走り抜けて、絶頂する。・・・脚の力が抜けて、四つん這いの姿勢になってしまう。

「ふふっ・・・もう2~3回、絶頂なさい」

濡れたパンツを左にどけて、アソコの中に、2本の指がつぷぷぷぷ・・・。

「あ・・・あ・・・あ・・・っ」

くちゅり、くちゅり、くちゅくちゅくちゅ。

「は・・・はひぃぃいぃ~~~っ!」

お汁で湿った膣内を、ぐちょぐちょにかき乱される。・・・とっても気持ちよくて、またすぐに絶頂してしまう。

「あ”・・・あぁあ”あ”ぁ・・・あ”ひ~~~」

さらに体の力が抜けて、うつ伏せ状態になる。布団の上でびくびくしながら、オマ○コ内部を執拗に刺激されて・・・、もう一度絶頂。・・・あひぇぇええ~~~っ!

びく・・・びくびく・・・っ!

「はーーっ、はーーっ、はーーっ、・・・はにゃあぁあ~~~」

茜さんにオマ○コいじられちゃうのぉ、イイよおぉおぉ~~~・・・。

「前戯はこんなもんかしらね。・・・萌子ちゃん。今度は全裸になって・・・私のおちんぽをしゃぶりなさぁい」

「はぁあ~~い!」

次の命令を受ける。・・・私は、少し落ち着くのを待った後・・・ぬれぬれパンツや上着などを脱いでいく。・・・お股からお汁を垂らしたまま、四つん這いの姿勢で・・・ぺたぺたと茜さんに近寄る。

仰向けになっている茜さんのお股に顔を寄せて、お股から生えている、機姦「リアルペニス」の亀頭を、口の中にもにょっとほおばる。・・・いやらしい匂いが辺りに漂っているが、私はこの匂いが大好きだぁ・・・。

「ん”・・・ん”ん”っ・・・」

しゃぶって、しゃぶって、舌でぺろぺろ~、れろれろ~。歯を立てないように気を付けながら、亀頭やカリを丁重に舐め回していく。

左手は陰茎をシコシコシコシコ。右手は自分のお股に被せて、アソコの中をクチュクチュクチュクチュ。

「んふぅ~~~! んふーーっ! んふーーっ!」

茜さんの付けているリアルペニスは、クリトリス=リンクディルド型なので、おちんちんをしゃぶることで生じる快感は、本人にしっかり伝わっている。

「ん・・・。フェラチオも上手よ~。萌子ちゃ~ん。・・・この前の淫乱化催眠調教以降、さらにエッチになっちゃったわねぇ~」

髪を優しくなでてくれる。・・・私は頬を赤くして、にっこり笑顔になったまま、茜さんのおちんちんにフェラチオを続ける。・・・ご奉仕、ご奉仕~っ!

「ふふっ、フェラチオはその辺でいいわよ。・・・次は、自分のオマ○コをしっかり大きくあけたまま、騎乗位で挿入なさい」

「んぁ~~い」

ちゅぽんっ。

おちんちんを口から抜いた後、4足歩行で近づいて上半身を上にあげる。・・・足を大きく開きつつ、右手で大陰唇を強く広げ、小陰唇の中でひくつく空洞を、私の唾液でべっちょりな亀頭にぴったんこさせる。

ぬちっ・・・。

・・・愛液と唾液が重なる。・・・エッチな匂いがふんわりと漂い、興奮がさらに増していく。

にちゅりっ・・・。

「あっ、ストーップ! ストォーーープ!」

「へっ・・・?」

亀頭の先端だけを体内に挿入したところで、停止の命令をされたので・・・オマ○コを広げて挿入中の状態のまま、一旦動きを止めて茜さんを見つめる。

「萌子ちゃんのおチビ~」

・・・ほぇっ!? な、何を言って・・・っ! ・・・!?

パパリーーーンッッ!

私の中にあった何かの暗示が砕け散る。・・・思考が一時的に停止する。

・・・。ふぇぇえぇ~~~・・・?

「・・・今ね、萌子ちゃんにかかっていた催眠を解いたのよ~。・・・催眠暗示の影響による淫乱状態は、もう続かないわー」

「は・・・はひ・・・」

「ここからは、萌子ちゃんの真価を問いましょう。・・・今ここで、私のおちんちんの挿入を自分で中断できたら、萌子ちゃんはちょっとエッチな女子で済むわ。・・・だけどー、ここから自らの意志で、体内におちちんを飲み込んでセックスを始めちゃったら・・・淫乱なのが確定するわよ」

「え・・・えと・・・っ」

「さらにそこから、腰を振って絶頂したら・・・萌子ちゃんは確実に快楽堕ちするわ。・・・そーなったら、もう、絶対に元に戻れないからね? 一生、淫乱な子になっちゃうからね? いつまでもいつまでも、私に快楽調教されちゃうからね?」

・・・う、・・・う・・・。

瞳の奥がぐるぐるして、混乱が始まる。わたし、えとっ、わたしは、その・・・っ!?

「ちゃんと今ここで、おちんちんを挿れずに済んだら、後で優しくオーラルセックスしてあげる。

・・・さぁ、決めなさい。性欲をしっかり抑えて自分はまともな子であることを証明するか・・・性欲の赴くままに淫行して、淫乱であることをはっきりと証明しながら快楽堕ちするか・・・」

あ・・・あぅ・・・あぅうぅ・・・っっ!!

「どちらを選んでも責めることはないわよ? どっちの萌子ちゃんでも、ちゃんと可愛がってあげるから~。・・・萌子ちゃんの好きな方を選んでね」

・・・それ以降、茜さんは喋るのを止めて・・・私を眺めたまま、どちらの選択をとるかを観察する。

ーーーーぬ、抜こう。・・・後でエッチしてもらえるなら全然問題ないじゃないか。・・・淫乱なのはとっても恥ずかしいことだし、ここはちゃんとけじめをつけて、抜こう。

私は切ない表情のまま、入りかかった茜さんのおちんちんを抜く。

・・・。

抜く。・・・そうするように体に命じた。・・・命じたはずだった。・・・しかし、私の体はそれに応じなかった。





 まだまだ作品がどっさりの作者様のHPに読みに行く↓
快楽機姦研究所

『快楽機姦研究所』一覧に戻る