第7話 深夜の公園で野外セックスを撮影しよう!


 ○露出願望は危険な香り





「ふ~ぅ。お陰ですっきりしました。ありがとうございます」 

「雪音さん、ごめんなさいね。シャワーまでお借りして……」

「いえいえ、そんな……気になさらないでください」

肩にタオルを掛けた美帆さん夫婦を見ながら、あたしは微笑んで会釈した。
正式には、上に寄ったまま硬直しているほっぺたのお肉を利用して、作り笑いを浮かべただけなんだけど。

その隣では、顔じゅうに何枚も絆創膏を貼ったお父さんが、あたしに習って会釈した。
こちらはきっと、可愛い子猫ちゃんに顔を引っ掻かれたのに違いない。
うん、たぶんそうよ。

「それにしても、ピンクの傀儡子様の撮影技術は最高です♪ 私……毅とあんなに……うふふ、あんなに燃えたのって新婚旅行以来かしら?」

「おい美帆、よさないか。こんな可愛らしいお嬢さんの前で……」

「はぁ~い。あなた♪」

美帆さんが、紅い舌を覗かせて笑った。
旦那様は、元のシャイな感じに戻っちゃったのに、彼女の方はなんだか肩の荷が下りたように顔全体を輝かせている。

「でも、正直に話すと……あっ、気を悪くしないでくださいね。実は、ピンクの傀儡子様のことを疑っていたんです。友人の律子に紹介されて、あなた様のブログを拝見したときも、なんだか怪しいなって……」

美帆さんの言葉に、あたしもうんうんって頷いた。
そうよ、あんなブログを信じてお父さんに会いに来る女性って、詐欺師に全財産持っていかれて、それでも詐欺師さんラブ☆っていう、絶滅危惧種みたいな人だけよ。

「だけど……ごめんなさい。私の思いすごしでした。撮影中に響くシャッターの音に、あんなに身体が疼くなんて、思ってもみませんでした。うふふふっ。もしかしたら私って、露出の気があるのかしら?」

「で、でしたら今度は、夜の学校での撮影などいかがかと。とりあえず、娘の通う高校など、うってつけの環境かと……うぅッ!?」

あたしは、調子に乗り始めたお父さんの足を踏んずけた。
そして、囁いてあげた。

「今度は縦横に引っ掻いて、オセロゲームでもしてあげようか?」って……
いひひひひひ……

それなのに、まさかまさか、お父さんの案が実現するなんて……?!



1週間後……

「お父さぁ~ん! 大変たいへん、たいへんよぉ!」

「落ち着きなさい。雪音」

あたしは店の奥から飛び出すと、ショーウインドの陰から外を覗いているお父さんの元へ走った。

「はあ、はあ、はあ……それが、今、美帆さん……ううん、小野寺さんから電話があって……はあ、はあ……」

「はあ~、ダメだ。数え直しだ」

「お父さん、並木のそば屋さんの行列なんか、後でいいから。それよりも聞いて、小野寺さんからお仕事の依頼なのよっ!」

いつも行列のできるお店『そば屋並木』のお客さんを、指折り数えていたお父さんが、恨めしそうにあたしの方を見る。
な~んか、いつもと真逆の光景。真逆になった親子の関係。

でもでもいいの。そんなこと、どうでもよくなっているの。

「それで、小野寺さんはなんて……?」

「それが、今度は公園で撮影して欲しいって。そ、その……愛し合うところをだけど……もちろん、夜のそれも深夜で人通りがなくなってからなんだけど……でも、そんなこと……」

「あはははっ。ほら、ごらん。僕の提案が早速通ったじゃないか。それに雪音。『でも』も『そんなこと』も関係ないさ。公園での屋外セックスだろ? ああ、あれだよ。露出プレイってやつだろ? ふふふふ……はははは……ピンクの傀儡子の腕がなるなぁ」

「その割にはお父さん。ヒザが震えてるわよ。は~ぁ。大丈夫かしら?」

雪音の脳みそが、危険だよって赤色灯をクルクル回転させている。
でもその日から、やる気まんまんのお父さん主導で撮影の準備が始まっちゃった。
外で使用する機材の選定に始まって、撮影する公園の下見。
最後にあたしの提案で強制採用させた、大量の虫よけスプレーに蚊取り線香まで。

だって、盗撮マニアさんのサイトに書いてあったもん。
夏場のお楽しみでの必需品って……

あっ、言っておきますけど、雪音はエッチな写真は覗いていませんから。
公園のベンチで男の人のアレを口に含んで、うっとり顔の恋人が写っていて。
ベンチの背もたれに手を突いて、アソコをお見せしたままおねだりする恋人も写っていて。
息をハアハアさせて次のページをクリックしたら、合体! ドッキング! していたなんて。

な~んて絶対に絶対に知りませんからね。ホントだよ。





 第7話 深夜の公園で野外セックスを撮影しよう! ここまで


続きが待ちきれないなら作者様HPで!

羞恥の風

『シャッター・チャンス2』一覧に戻る