悪夢の公衆便所から解放されたものの……


同人音声サイト同人ゲームサイトへ

最終話 悪夢の公衆便所から解放されたものの……

「昨夜、私を襲ったのは誰かしら・・・。人間?それとも化け物?まさかぁ化け物だなんて・・・。あ、でも、あの冷たさは人間じゃないわ・・・」

 思い出すだけでもおぞましく背筋が寒くなった。

「こんなところにいつまでも居られないわ」

 一刻も早く脱出したい。
 ありさはすぐに乱れた着衣を整え始めた。
 格好なんて構ってる場合ではないが、彼女の持つ恥じらいというものが自然にそうさせた。

 着衣を整えたありさは、早速ドアのハンドルを握った。

「開くかしら・・・」

 不安がよぎる。

(ガチャ・・・)

「開いた!」

 個室から出てみると、朝光が天窓から射し込んでいた。

 ありさはかすかな安堵感を覚えた。
 だがそれは一瞬のことだった。

 ありさはすぐに公衆便所の出入り口へと向かった。
 出入り口の扉からも朝の光が射し込んでいる。
 光は脱出の希望を抱かせる。
 ありさは公衆便所の扉を激しく叩いた。

(ガンガンガンガン!!ガンガンガンガン!!)

「お願い!!ここを開けて!!」

(ガンガンガンガン!!ガンガンガンガン!!)

「お願い!!誰か~!!私をここから出して~~~!!」

(ガンガンガンガン!!ガンガンガンガン!!)

 すると突然、公衆便所の扉が開いた。
 思わずありさは倒れそうになった。

 開いた扉の向うには、水色の作業着を着た中年の女性が立っていた。
 女性は驚いたような表情でありさを見つめている。
 ありさも唖然とした表情でその女性を見つめた。
 女性から先に話しかけてきた。

「あのぅ・・・一体どうされたのですか?」
「実は、と、扉が開かなくて困ってたんです!」
「えっ?まさか~。あははは、そんなはずはないですよ~。だってここは公衆便所ですよ~。ふだん鍵は掛けませんよ」
「え?・・・鍵は掛かってなかったんですか・・・?」

 女性は、ありさが早朝家から飛び出してはきたが、まだ完全に目が覚めず寝ぼけているとでも思ったようだ。
 ありさの慌てふためいた様子を見て、にやにやと笑っていた。
 今度はありさから話しかけた。

「ところであなたは・・・?」
「はい、私はこの公衆便所の清掃作業員なんです」
「あぁ、そうなんですか・・・」

 ありさは釈然としなかった。
 昨夜、渾身の力をふりしぼっても開かなかった扉が、今、簡単に開いてしまっている。
 まるでキツネに抓まれたようだ。
 ありさは頭が混乱しそうになっていた。
 しかし、理由はどうあれ脱出できたことには感謝しなければならない。
 ありさはほっと安堵のため息をついた。

(でも昨夜誰かが私を襲ったことだけは紛れもない事実だわ・・・)

 ありさは清掃作業員との会話の中で、昨夜起きた忌まわしい出来事だけは話さなかった。
 仮に話しても「悪い夢でも見てたのでは?」と一笑に付されるのが落ちだろう。

「おばさん、ありがとう。じゃあね」

 ありさは清掃作業員に軽く会釈をし公衆便所を後にした。

 公園内をしばらく歩くと、身体の奥で熱い粘液がこぼれ落ちるような気がした。
 粘液はパンティに吸収されていく。
 かなりの量だ。
 ベトベトしてきた。
 不快感が走る。


 
(気持ち悪いなぁ・・・ナプキンを挟んでおけばよかったぁ・・・)

 身体の奥に痕跡が残っている。

(やっぱり間違いない・・・昨夜私は誰かにレイプされたんだ・・・)

 ありさが再び歩き出すと、木立の陰で何かが「カサッ」と動く気配がした。

 完



最終話 悪夢の公衆便所から解放されたものの…… ここまで


第一話

  女子大生が公衆便所でレイプされるっ!?

第二話

 公衆便所に監禁される女子大生

第三話

 公衆トイレに響く女子大生の悲鳴

第四話

 女子大生が公衆トイレで監禁拘束

第五話

 意外とテクニシャンな悪夢のクンニリングス

第六話

 敏感っ子のクリトリスを強力吸引

第七話

 強姦? レイプ? 公衆便所での不思議な一夜

最終話

早く続きが読みたいなら作者様HPにゆけ!
愛と官能の美学

 

『 悪夢の公衆便所 』一覧に戻る