―――媚薬漬けの女子と拘束セックス!――

前回。

桜は浴槽の中で拘束されたまま、強制的に媚薬ローションで浸され続けて、淫乱なメスに堕ちてしまった。

「・・・ゃーん・・・」

うん・・・。

「・・・たい・・・らちゃーん・・・」

う、う~ん。

「変態の桜ちゃーん。お~きてぇ~」

「ーーーはひっ・・・!?」

カチャリッ!!

私は唐突に目を覚ます。

「あっ・・・あっ・・あっ・・・!?」

全身が身震いを起こし、びくびくとけいれんする。

「うぁっ・・・あっ・・・! ひ、あ、・・・これっっ!!」

もっふりもふもふなベッドの上で大の字になったまま、手首と足首を枷で拘束されている。・・・背中が布団でこすれると、耐え難い快感が背部にじわぁっと広がっていく。

「あぁ~~~っ!! これ、これっ! わた、わたしぃ!? ・・・あ、あ、あ~~っ!!」

「んっふふ~~。・・・桜ちゃん、少し前に媚薬漬けをされてー、落ちちゃったのよ~」

メイドの茜さんが、むふぅ~と笑いながら頭をぽんぽんと触ってくる。・・・その後、その手を私の拘束された裸体の下の方にツツーっとなでていくと・・・、

「はひいいいぃいぃいぃっっ!!!」

とってもイイ気分になる。・・・触られることがこんなにも気持ちいいなんてっ・・・! ああぁああぁあ~~~っっ!!

「媚薬漬けにされたソフトなお肌は感度良好ねぇ。触るだけでこんなにも痙攣しちゃうなんて、か~わいい~っ! 愛液もいっぱい垂らしちゃってぇ~、桜ちゃんはいやらしいんだからぁ~、もう~っ」

にじにじと私のおへそを中指で触り続ける。・・・私はそれすらも快感として感じ取ってしまい、泣きながら喜ぶ。

・・・茜さんは、そんな私の態度を嬉しそうに眺めた後、デレた顔をしながら立ち上がり、メイド服を次々と脱いでいく。

下着は全く付けていなかったみたいで、綺麗なおっぱいと・・・、卑屈な感じの肉棒の模造品が私の視界に・・・映る。ペニスバンドだ。

「あ・・・いや・・・いやぁ・・・そんなの・・・だめぇえぇえ・・・っ!」

涙を浮かべて、全身を震わせながら首をゆっくり横に振る。

「うんうん、わかってるわよぉ~」

茜さんは私の下側にやってきて、おちんちん型のディルドをアソコに挿入するため、位置を合わせる。

「わ、わっ、わかってないっっ・・・わかってないですってえぇえっっ・・・!!」

「・・・わかっていないのは桜ちゃんの方よ~。・・・媚薬漬けされた状態での拘束セックスって、とてつもなくいやらしくて、気持ちがいいんだから~」

「い、い、いやっ・・・いやあぁああぁぁあっっっ!!!」

ずぶりっっ!!

「ーーーーーきゃんっっ!!」

茜さんのおちんちんが私の体内に挿入される。・・・その瞬間、ねじられるような素敵な快感が私の心をぎゅるりと
絞り、想像を絶するような嬉しさがお股から全身に拡散する。

「あ”・・・あ”・・・あ”・・・あ”・・・っっ!!」

呼吸をまともにすることができず、焦点を合わせることも不可能。・・・それほどまでに幸せだ・・・。

ず、ぷ、ぷ、ぷ・・・。

「か、はっ・・・あ”、あ”、い”、あ”、あ”」

頭をぴちぴちと踊らせながら、大の字に拘束されている腕と脚を、きゅっと胴体の方に寄せる。・・・けれど、それは達成されない。4つの枷は、大の字以外の姿勢にすることを許してくれない。

・・・私は、太股を閉じることができないまま、茜さんのおちんちんを徐々に奥まで飲み込んでいってしまう。

じゅぷぷぷぷぷ。

「ぐっっ・・・ひ、あ”・・・ひぇ、・・・」

太股がカクつく。お、お、お、おいひい・・・っっ!!

じゅぷりっっ。

「挿入完了~~」

「・・・・っっ・・・・・っっっ!!」

「あらあら。最初からそんなにひくついちゃったらー、これからぜんぜん持たないわよ~。・・・もっとも~、性感がすごい状態だから、桜ちゃんの身体のためにも、あまり長く持たせるつもりはないけどねっ」

ぬっぷりっ。・・・むちゅっ、むちゅっ、じゅちゅっ、じゅちゅぅっ!

「あ”~~~~あ”~~~~あ”~~~~~~~~っっ!!!」

媚薬を体内にどっぷりと蓄えた状態で、拘束されたままセックスが始まる。脳天に電極でも接続されてしまったかのように、脳内に幸せの電気がびびーーーっと流れ続けて、錯乱してしまうほどの喜びが、体中から舞い上がる。

どちゅっ、どちゅっ、どちゅぅっ、どちゅぅっ!

「い”あ”~~~っっ!! あ”~~~~っっ!! さ”いこ”おぉ”~~~~~っっ!! ひょぎょおおおお~~~っっ!!! あ”~~~~~っっ!!!」

ずちゅっ、ずちゅっ、ずちゅっ、ずちゅっ!

「あ”~~~~っっっ!! し”あ”わせ”ぇええ”ええ~~~~~っっ!!! も”っとぉお”っ!! も”っっとお”おお”ぉおおお”~~~~っっ!!!」

「あれ~~? 嫌じゃなかったの~~?」

ぬぽんっっ!!

茜さんは意地悪そうに笑いながら、私のアソコからおちんちんを抜いてしまう。

「や”めて”えぇええ~~~っっ!! 抜かないでぇええぇ~~~っ!! 挿れてぇ!! じゅこじゅこしてぇえっっ!! 私をいっぱいおかしくしちゃってええええぇっっ!! いやらしいことしたいっっ!! ひどいことされたぁああ~~~い~~~っっ!!!」

次から次へと、淫乱な要求を口にしてしまう。・・・自分は媚薬漬けを受けた結果、変態になってしまったようだ。

・・・だって、おちんちんと接合しながら摩擦されることを・・・身体がすっごく欲してしまうのだから・・・。

「ふふっ・・・この変態ちゃんがぁ~~~~っ!!」

どちゅううぅうっっ!

ーーーずどんっっっ!!

「ひょおぎょおお”お”ぉ”ぉ”っっっ!!! ・・・ぐ、あ、ひ、・・・あ”、・・・あ”ひっ・・・」

再び奥まで差し込まれる。なんともふとましい快楽のエネルギーが、挿入されたお股から体内に向かって、どろりどろりと流れ込み・・・私は理性は崩れさる。

・・・な・・・なんという快感・・・っ!

呼吸するのを忘れてしまうぐらいに気持ちがいい。・・・そのあまりの気持ちよさで、私は自分を見失ってしまう。

「お”・・・・お”、ぉ”・・・・お”・・・っっ」

「よだれが漏れてるわよ~。絶頂もしてるわねぇ。愛液も絶えず漏らしちゃって~。・・・気持ちよすぎたかしら? でもー、これからはもっとすごいわよ?」

・・・。絶頂が終わるタイミングを見計らって・・・、

じゅっこ! じゅっこ! じゅっこ! じゅっこ! じゅっこっ!

「あ”~~~~~!!! タ”メ”ぇえ”え”え”~~~~っっ!!! タ”メ”あ”あ”め”え”え”えぇ”ええええ”ぇっっっ!!!」

突かれる。突かれる。突かれる。突かれる。・・・ぬっちりと、いやらしく、いやらしく、突かれまくる。

・・・既に媚薬が膣内にどっぷりと根付いており、大変気持ちいい状態なのに・・・。そこを突かれに突かれる。い~っぱい突かれる。しつこくしつこく、突かれ続ける。・・・並外れたパワーの快楽電流が、私の身体をばちばちっと狂わせる。

じゅん、じゅん、じゅこじゅこ、じゅにゅじゅにゅ、じゅちゅじゅちゅっ!!

「ぎゃひい”いい”いい”い”いーーーーーーーーーーっっっ!!!」

絶頂しているのに快感が止まらない。気持ちいい、おかしいのに気持ちいい。気持ちよすぎて、それ以外がなにも考えられない。

「マルチプルオーガズムを味わってるわね~。・・・そ~れっ!! まだまだいくわよぉ~~~っっ!!」

ずんっ、ずんっ、ずんっ、ずんっ、ずんっ、ずんっ、ずーーーんっ!!

「あ”っ! あ”っ! あ”っ! い”あ”あ”っ! あ”っ! あ”んっ! あ”ーーーーーーーーっ!」

びくんっ! びくんっ! びくんっ! びく~~~んっ!

体を激しく波打ちしながら、閉じることが不可能な太股をひたすら内側に寄せる。・・・茜さんの腰振りによる、おちんちんのピストン攻撃を止められるものは・・・何もいない。

媚薬漬けにより淫乱化した私の秘部は、限界を超えて攻撃され続けて・・・私と一緒におかしくなる。・・・ぶっとんだレベルの快感が、脳裏に直撃する。

ずんっ、ずんっ、ずんっ、ずんっ、ずんっ!!

「ひぎゅううぅーーーーーっっ!! ひぎゅーーーーーーーーーーっっっ!!!」

ぶしゃーーーーーーーーっっっ!!!

潮を大量放出したかもしれない。・・・自分がこの世界にいるのかどうかすらわからないぐらいに、夢心地だった。

じゅこじゅこじゅこじゅこじゅこっ!!

「あ”ーーっ!! あ”ーーっ!! あ”ーーっ!! あ”ーーっ!! あ”ーーーーーっ!!」

漏らしても関係なかった。・・・ずっと突かれた。ず~~っと突かれた。媚薬漬けのおま○こを、際限なく突かれ続けた。・・・休むことなく・・・。

「ーーーーーーーっ”っ”っ”!!!!」

どくんっっ!!!

エビ反りでも行うかのように体がよじれた後、世界が反転する。

はへええぇええぇええぇえ~~~~~~。

・・・私は美しい夢の世界に捕らわれて、現実の世界に戻ることができなくなった。

「ふぅーーーっ・・・」

桜の拘束を取り外し、ペニスバンドを解除した後・・・、茜は全裸のまま桜の横に寝っころがって、桜の股間にタオルを優しく当てながら、布団を互いの体の上に被せる。

桜は完全に放心恍惚状態だ・・・。まるで魂が抜けてしまったかのようにうっとりしている。

「こ~ゆ~ことしちゃうとー、快感の喜びが体に埋め込まれて、忘れられなくなっちゃうのよね~。

・・・うふふっ。桜ちゃんも萌猫ちゃんと一緒っ! 私のペットにしてあげる~。・・・これからも、少しずつ性開発を行って、性の喜びをその身にた~っぷりと刻んであげるわ。・・・楽しみにしてなさ~い」

ちゅっ。

愛の誓いを頬に印づける。・・・茜は、桜を抱き枕のように扱いながら・・・しばらくの間、両手両足で愛撫を続けていた・・・。





 まだまだ作品がどっさりの作者様のHPに読みに行く↓
快楽機姦研究所

『快楽機姦研究所』一覧に戻る