返り討ちにあった捜査官


姉妹サイトAD

同人音声サイト 同人ゲームサイトへ

第一章.淫改造された肉体~高木亜矢

 第一話 返り討ちにあった捜査官

 今日の6時間目、最後の授業は2年A組だ。

ーー助かった。このクラスなら大丈夫ね

 私は廊下にカツカツと乾いたハイヒールの音を響かせて教室に向かいながらそう自分に言い聞かせていた。前回あの忌まわしい望月に頭を下げてしまってから ちょうど一週間。自分の体がもう限界なのはよくわかっている。貞操帯にガードされた恥ずかしい箇所を中心に恐ろしい改造を施されてしまった全身にハッキリ禁断症状が現れ始めた今日、私は再び血を吐くような思いで屈辱に耐えてあの男に懇願し、放課後警備員室を訪れる約束をしていた。もう昨日のお昼前くらいから常に異常な欲情の熾火を点されているような全身がいよいよカーッと熱くなり、とりわけ最も強烈に改造されてしまったあのおぞましい肉塊がググッと膨らんで緩やかに脈動し、解放を望んでいるような気配はあったのだ。徐々に禁断症状が現れる間隔が狭まっている今、私は意地を張らず望月に膝を屈してしまうべきだったのかも知れない。

 だが私は着々と限界に近付き淫らにざわめく体に何とか耐え、今日まで屈服する時を引き延ばしていた。なぜなら私を解放したやつらの忌まわしい「調教」が 始まってからもう二ヶ月が過ぎようとしているが、これまで最低でも一週間は我慢して見せる事を、誇り高き秘密捜査官として最後の矜持としていたからだ。もしここで暴走する肉欲のたがを外してしまったら、すぐに屈服するまでの期間が短くなり、結局やつらが望む通り組織の性奴隷として一生仕えさせられる運命が待っているのは目に見えている。

ーーああ、でも、私はもうとっくに堕ちてしまっているのに。その証拠に、あの虫けらみたいな望月に手の一つも出せないばかりか、こうして繰り返しヤツに慈悲を懇願する屈辱に耐えるよりないではないか。それにどんなに耐えて見せても、私が形勢を逆転させる望みはまるでないと言うのに……

 廊下を進む私とすれ違う顔見知りの生徒達は皆丁寧にお辞儀して挨拶し、本当はもう歩くだけでも自慰行為に耽っているに等しい快楽に突き上げられながら、何とか謹厳な女教師の仮面を被り続けている私も素っ気なく返答する。こうして普段は高校の英語教師である私高木亜矢の裏の顔は日本政府の命を受けた秘密捜査官。愛する夫山崎大輔がやつらの手に掛かり非業の死を遂げてから、男勝りの女性警察官だった私は復讐の鬼と化した。夫は実に優秀な秘密捜査官であり、当時闇で暗躍していた麻薬密売組織の存在をあぶり出すと、一網打尽にすべく他に三名の捜査官達と共にアジトに踏み込んだのである。表に出る事は絶対にないので知られていないが、我が国の秘密捜査官は超一流である。訓練を積んだ肉体はそれ自体が殺人兵器であり、マシンガン等の兵装を完備すれば一人でも軍隊の一個小隊に匹敵する程の火力を誇るのだ。そんな秘密捜査官が四名も揃えば、たとえ不法銃器を揃えたヤクザ者の集団であろうとひけを取る事はあり得なかった。

 夫は恐らくそう信じて仲間と共に敵のアジトを襲撃し、そしてその目的は軽く達成されたかに思われたのだが、味方のわずかな過失が命取りとなった。隙を突かれて仲間を人質に取られた夫は、捜査官のリーダーとして武器を置き両手を頭の上に上げて、敵の申し出た交渉に臨もうとしたのだ。しかしその組織は常識が 通じず血も涙もない本当に危険な集団だったのである。まさかと思ったであろう夫がよける余裕もなく、組織が切り札として隠し持っていたらしいバズーカ砲が 丸腰で進み出た彼の頭を一瞬で粉々に打ち砕いたのだった。

 以上は「手を引け」と組織に言われて命からがら逃げ帰って来た捜査員仲間が、まだ三十路になったばかりで未亡人となってしまった私に語った生々しい話だ。秘密捜査官はたとえ家族であっても正体を隠して秘密裏に行動する事が義務付けられており、初めて夫の本当の姿を知った私にとっては正に驚天動地であった。夫は秘密捜査官である事を隠すため、普段は市役所に勤める公務員だったのだから。そして涙ながらに残酷な夫の最期を私に語り、深く頭を下げてくれた捜査官仲間にどう応対すれば良いのか戸惑うばかりの私だった。まさか、その誠実そうな三人の捜査官の中に憎むべき組織の送り込んだスパイが紛れ込んでおり、夫を地獄の底に落としたのだ、などとその時点でわかる筈もない。否、夫だけではない、この私もその男にまんまと嵌められて今どうしようもない窮地に追い詰 められているのだから、つくづく人を見る目のない自分を責める毎日である。

 生来曲がった事が大嫌いで、世の不正を根絶する事を願って警察官になっていた私自身が、夫の無念を晴らすため秘密捜査官を志願したのは必然だったろう。 私は学生時代に空手で名をはせるなど、普通の男性が束になってかかって来ても負ける気がしないくらい、身体能力にも自信があったのだから。当時まだ幼く真相を理解出来そうになかった娘の美菜子には、お父さんは事故で亡くなったのよと誤魔化し、私は警察官の職を辞して秘密捜査官を志した。夫の死を通じて、初めてそんなアクション映画のような仕事が本当に世に存在している事を知った私が生還した捜査官に尋ねると、警察官から身を転じる制度があると教えられたのだ。さらに、有利なケースも多いので、能力されあれば女性でも可能である事も。

 私は警察をやめたが半年間生活資金を保証されながら、肉体的にも精神的にも想像を絶する過酷な訓練を受けた。愛する夫の仇を取って、彼が壊滅寸前まで追い込んでいながら凶弾に倒された組織を、今度は私の手で殲滅してやるのだ、と言う強い意志がなかったら、屈強な男性でも悲鳴を上げそうな猛特訓に耐える事は不可能だったろう。こうして私は人間離れした戦闘能力を有する秘密捜査官となり、同時に正体を隠すため学生時代留学経験があり自信のあった語学力を生かし、現在も勤務している高校の英語教師となった。私はスパルタ式でビシビシ生徒を鍛えながら、年に1、2回あるかないかと言う案件を完璧に処理していき、 女性ながら並み居る男性捜査官達にも一目置かれる存在となっていった。

第一話ここまで


第一話

返り討ちにあった捜査官

第二話

囚われの美人捜査官、クリトリスへの肉体改造

第三話

キメセク輪姦陵辱でセックス中毒へ追い込まれた美人捜査官

第四話

娘を守るためにクリトリスをクリちんぽに改造された母

第五話

授業中、淫乱女教師の密かな絶頂

第六話

トイレで母乳を噴き上げ、乳首絶頂

第七話

生徒の前でリモコンバイブで絶頂する美人女教師

第八話

憧れの美人女教師を性奴隷化

第九話

教え子のちんこを頬張り、超絶フェラを披露する女教師

第十話

活きの良い男子高校生達のザーメンを飲み干す

第十一話

教師なのに弱みを握られ生徒達にSMを強要されることに

第十二話

  美乳からは母乳を噴き出し、クリチンポからは射精する

第十三話

生徒に陵辱されたクリチンポ女教師

第十四話

オナニー中毒の母のオナニーを手伝う娘

第十五話

母と娘で激しいレズプレイ

第十六話

極短ミニスカートを履かせられるJK

第十七話

絶倫ペニスでJKが失神するまで陵辱

第十八話

アナルが敏感なJKのレズビアンショー

第十九話

醜男におねだりする淫乱化した女子校生

第二十話

腸内に浣腸液を注がれるだけで絶頂する女子校生

第二十一話

豆吊るしの姫とブサイク中年親父の純愛(?)逃避行

第二十二話

束の間のラブエッチ。赤ちゃんプレイも

第二十三話

流産を強要された妊婦、尻穴奴隷の帰還

最終話

四肢を切断されてダルマにされた母と、復讐に燃える娘

 

さらに過激なSM小説がいっぱいの作者様のHPへ↓
新・SM小説書庫

『女秘密捜査官、堕ちる・・・』一覧に戻る