意外とテクニシャンな悪夢のクンニリングス


同人音声サイト同人ゲームサイトへ

第5話 意外とテクニシャンな悪夢のクンニリングス

 背中が間仕切り板に触れたところで、急に手首に絡まった紐のようなものに力が加わった。
 紐はすごい力で上に引きあげられた。

「えっ・・・!?」

 爪先が床から離れ、ありさの身体がわずかだが浮き上がった。

「いやぁぁぁぁぁぁ~~~~~!!」

 爪先を伸ばせばやっと床に着くほどの高さに吊り上げられている。
 『バンザイ』する時のような姿勢になっているため、腕の付け根に負担が掛かり少し痛む。

「く、苦しい・・・」

 身体が弓なりになりかけた時、例の骨っぽい腕がまたもや腹部に絡み付いてきた。

「ぎゃっ!!」

 骨っぽい腕に引き寄せられ、臀部が間仕切り板に密着した。
 尻をうしろに突き出したような格好になっっている。

「た、たすけて~~~~~~~~~~!!」

 悲痛な叫び声が暗闇の公衆便所に響き渡った。

 次の瞬間、ありさは尻のふくらみに異様な感触を感じた。

(ネチャ・・・)

「!?」

(ペチョ・・・)

「えっ・・・!?」

 それは粘着質に満ちた不快な感触であった。
 腹部に巻き付いた腕と同様にとても冷たく、まるで冷血動物の肉体の一部のようだ。

 不快な感触はふくよかな尻を這いずって、尻の谷間へと移動していった。

「えぇっ!?な、なによっ・・・!?うそっ!!」

 腹と手首を固定されては、逃げたくても逃げられない。

 不快な感触はさらに侵攻を続けた。
 尻の谷間に滑り込んだあと、肛門と会唇を通過して陰部へと進んだ。

「そ、そんなぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁ~~~~~~!!」

 用便後とあってパンティをずらしていたことが、ありさにとっては不幸であった。
 いや、敵はありさがパンティを下ろす瞬間を狙っていたのかも知れない。
 いずれにしても不快な感触は確実にありさの陰部を捉えた。

「いやぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁ~~~~~~!!!!!やめてよぉぉぉぉぉぉぉぉ~~~~~!!!!!」

(ペチョペチョペチョ・・・)

 まるで人間の男性が舌を駆使してクリニングスを行う時のような動きを示した。
 だが人間の男のそれのように生暖かくはない。
 ヘビやトカゲの舌のように冷ややかだ。
 ありさは震え上がった。

「きゃぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁ~~~~~~~~!!!!!いやぁぁぁぁぁぁぁぁぁ~~~~~~~!!!!!」

(ペチョペチョペチョ・・・ペチョペチョペチョ・・・)

 巧みな舌使いで陰唇を舐めまくっている。
 おぞましさがありさを凍てつかせる。

 相手は人間なのか、動物なのか、それとも、怪物なのか、魍魎なのか・・・
 敵の正体が分からないだけに戦慄感は募るばかりだ。
 ありさは腰をよじって不快な感触から逃れようとするが、思うように動くことがかなわず敵の餌食となっていった。

 大陰唇と小陰唇を交互に舐め廻したあと、不快な感触は亀裂に沿って前後に動き始めた。

「いやぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁ~~~~~~~!!!!!」

 不快な感触は人間の舌よりもかなり長く感じられた。
 表面には羽毛のようなものが無数に付着していて、鋭敏な縦筋を激しく責め立てた。

「ひぃぃぃぃぃぃぃぃぃぃぃぃぃ~~~~~~~~!!!!!」



第5話 意外とテクニシャンな悪夢のクンニリングス ここまで


第一話

  女子大生が公衆便所でレイプされるっ!?

第二話

 公衆便所に監禁される女子大生

第三話

 公衆トイレに響く女子大生の悲鳴

第四話

 女子大生が公衆トイレで監禁拘束

第五話

 意外とテクニシャンな悪夢のクンニリングス

第六話

 敏感っ子のクリトリスを強力吸引

第七話

 強姦? レイプ? 公衆便所での不思議な一夜

最終話

早く続きが読みたいなら作者様HPにゆけ!
愛と官能の美学

 

『 悪夢の公衆便所 』一覧に戻る