クリトリスを筆責め! 1


同人音声サイト同人ゲームサイトへ

―――クリトリスを筆責め! 1――

快楽機姦研究所。地下1F、エッチルーム。

ぬるりっ!

「あはぁーーーーーっっ!」

完全剥き出し状態のクリトリスに、ローションのような液体をまとったぬめる1つ筆が、つつーーっと通過する。

「はぁ・・・はぁ・・・はぁっ・・・・」

産婦人科にあるようなタイプの診療台に全身を拘束された私は、体をけいれんさせて淫らな声を漏らしながら、幸せを体現させる。

「どうですー? 気持ちいいですかー? もえちゃんー」

ぬるりっ、ぬるりっ、ぬるるりり~。

「だめっ! 瑠璃さんっ! 私のおまめっ! あぁーーーーーっっ!」

クリ責め専用の柔らかい筆が、私の敏感な勃起クリトリスにぬるぬるとこすれる。

「あ”へっっ・・・!!」

・・・アソコから蜜を遠慮なく漏らしながら、下腹部を小刻みに震わせる。胴体下部のけいれんが体幹に広がると、おへその下が連鎖反応を起こすかのようにひくついてしまい、体内に快感が蓄積されていく。

「ほらほらー。どんどんイイ気持ちになりましょーねー」

「いやぁあぁぁ~~~っ!」

ちゅるりっ、ちゅるんっ、ぬりんぬりんぬりんぬりんっ。

「あぁああぁぁあぁあ~~~っっ、はひっっ!! あ、筆だめ、ふでだめっ、ふでだめっっ、ふでだめええぇぇえええ~~~~~~!」

クリトリスに性具の筆がぬるりと通過すると、目がふわついて、口がゆるりと開き、声を出さずにはいられなくなる。

巨乳ナースの瑠璃さんは、1つの筆を使って、さっきからずーっと、私のクリトリスに一点集中でちょこちょこちょこしている。

・・・脚は開きっぱなしのまま固定されているので、防ぐことはできない・・・。皮むき勃起クリトリスを筆で優しくこすられる。

ちろりっ、ちょこりっ、ちゅるんちゅるんっ。

「はふっ、ふ、ふひっ、あ、あ、くりぃいぃ~~~、あ~~~んっ! ふぁ、ふぁ、っ、ふぁぁぁあっ・・・」

本来、剥き出しのクリトリスであったとしても、筆でここまで感じることはない。・・・だが、長期間責められ続けたとなったら話は別だ。

ぬりぬりぬりぬりぃ~~~っ。

「あああぁっっ、い、い、いくっ、イクぅ~~~~っ!」

「おっとー、イかせませんよー。絶頂前の快感を長く楽しみましょーねー、もえちゃーん」

「にゃぁあぁぁあ~~~~~~っ!」

筆責めが止まる。絶頂しそうになったらすぐコレだ。・・・私は寸止め焦らし攻撃を受け続けて、乱れに乱れまくっていた・・・。

ぎっ、ぎっ、ぎっ、ぎっ、ぎっ・・・!

はぁ・・・はぁ・・・はぁあぁっっ・・・!

拘束ベルトが私の体の動きを抑制する。・・・触りたいけど触れないお豆・・・。私の絶頂権限は、瑠璃さんに強制一任状態だ。

「あぅうぅ~~~~っっ! イ~か~せ~てぇえぇえ~~~っっ!」

「だめなのですー」

「そんなこと言わないでぇえぇ~~~っ!」

「いやなのですー」

「イきたいんですぅうぅ! もうだめなんですぅうぅぅ~~~っっ!」

「むりなのですー」

・・・すれ違う会話。・・・いつもはとっても優しい瑠璃さんなのだが、性管理者となっている時は全くの別のものだ。

どこぞのメイドに頼まれた要望を、き~っちりとこなしていく。

ちゅるんっ!

「はぁあぁあぁぁぁぁああああ~~~~~っっ!!」

びくんびくんびくんびくんびくんっっ!

絶頂できなかった後に与えられる筆の触感は、クリトリスに通過した軌跡を脳内で蘇らせてしまうほどに強烈だ。

全身を快く震わせて、お股から淫水をたくさん漏らしながら、顔を歪ませて大いに喜ぶ。

ちゅるん、ちゅるんっ、ちゅねちゅね、ちゅもりっ!

「はひぃやぁあああぁ~~~~~~~っっ!!!」

限界まで膨れ上がった感度の高~いクリトリスに、筆がつつーーっと通過する。繰り返し通過する。・・・先端は以外と強度があり、クリトリスに適切な快感を与えてくる。

ぬちぬち、ぬちょぬちょっ。

「はぁ、はぁ、あっ、ふーーーっ! んふぅーーーっ!」

鼻息を荒くしながら、悶え続ける。

・・・そ、その気になれば絶頂できなくもないのだが・・・、自分で誘発させた絶頂は快感が淡いため、納得できない。

私が欲しいのは、頭がくるくるぱーになっちゃうアレだ。・・・アレじゃないとダメなのだ。人工絶頂では気が済まないのだぁあぁ~~~っ! 安い絶頂なんてしたくないのぉぉおぉっ!! あ”~~~っっ、でもぉおおぉ~~~っっ!! 筆がぁぁああぁ~~~っっ!!

「裏側をこーすると、おもしろいですよー」

・・・ほへっ?

つつつーーーーーっっ!

「ひょはーーーーーーーーっっ!!」

おまめの裏側からーーー、ぷるんっ!

繊細な筆が、快楽神経の密集地帯であるクリトリスの裏筋を通過すると、それはもうっっ・・・、えへ、えへ、えへへへへへへへぇええぇ~~~~っ!!

「ああ・・・あ・・あぁ・・・・ああ・・・・ぁ・・・」

全身がしびれてしまいました。・・・う”、うごけにゃぁああぁ~~~い。・・・あひぇ・・・ひぇへいぇ・・・。

「心配しなくていいのですよー。焦らしプレイはほどほどにしてー、最後はちゃーんと絶頂させてあげますからー」

ぬちぬちぬちぬち、にゅもにゅもにゅもにゅもっ。

「ああぁぁぁああ、あう、うう、うらっ! うらがわっっ! うらがわっっ!! あ、あ、ああっっ、あっっっ!! あーーーーっっっ!! きゃあははあああぁぁああぁあっっ!!」

あーーーーっっ!! いいいいい、いくぅううぅぅーーーーーっっ!!

「だけどー、もうちょっとー、耐えてみましょうねー」

「ーーーーーーっっっ!!! やぁ~~~だぁあ~~~~っっ!! 絶頂! 絶頂させてぇええぇっっ!! 変態な萌子をめちゃくちゃにしてぇええぇえっっ!!!」

「あららー、隠語まで連発するようになっちゃいましたねー」

ちょん、ちょん、ちょん、ちょん。

・・・瑠璃さんは、クリトリスの亀頭にちょこちょこと、ほんの少しだけ筆を接触させて・・・私が絶頂する寸前の状態を巧みな調整で維持させる。

ちょこ、ちょこっ・・・。っ・・・・、ぬるっ・・・・・・、ちょこりっ・・・。

「ああ・・・ああぁああ・・・はぁあぁああ・・・・はぁぁああ、はぁあああ~~~っ・・・」

絶頂前のふわふわ感をずーーっと持続する。・・・私の瞳の焦点は、次第におぼつかなくなる。

・・・お股が、お豆が、全身が・・・き~もちい~いよぉ~~~っ!! 酔いしれちゃってるよぉっ! すっごくイイんだよぉ~~~~っ!!

びくびく、びくびくびくぅっっ!!

「あっ・・・あっっ・・・んあぁああ~~~~っ・・・?」

クリトリスの幸せが全身にぶわぁ~っと広がる。白くて素敵なミルクが体内でぐるぐると循環すると、腕が、脚が、胸が、頭が、ミルキーカラーで染めあげられていき・・・私の5感が、白くて甘~い液体の中に・・・ちゃぽんっと沈んでいく。

「あへーっ! あへぇーーーっ! あ、あは、あはぁっ、はぁあぁっっ!! あーーーっっ!!」

「このわめき具合ー、思考がマヒしてますねー。もうそろそろ限界でしょーかー。・・・最後は裏筋を徹底的にせめてあげますー」

ぬちっ! ぬりぬりぬりぬりぬりっ! ぬちぃっ!

「ふあぁぁああぁぁあぁああぁあっっ!! ひゃ、ひゃ、ひゃへ、あ、あ、だ、だめぇっっ!! そこだめぇええぇっっ!! あ~~~っっ!! あ~~~~~~~~~っっ!!!」

いくら抵抗してもクリトリスの筆責めは止まらない。感度がとても良い状態のお豆に、性感を最大限に感じられるように設計された、なめらかで繊細な筆が・・・繰り返し、繰り返し、優しい摩擦を生じさせる。

「いにゃぁあああぁ~~~~~っっ!!!」

診療台の拘束ベルトによってほとんど動かせない状態の脚を、びくんびくんっと愛らしく震わせながら、イイ声を叫ぶ。・・・よがる。・・・身悶える。

くちゅ、くちゅ、くちゅ、くちゅ、にゅるにゅるっ、

「ーーーはぎゅっっっ!!!」

とっぷりとろとろの濃厚ミルクが意識と融和する。

・・・そうしたら、私はすばらしい幸福に包まれて・・・、気持ちいいこと以外の現象は、何も理解することができなくなった。





 まだまだ作品がどっさりの作者様のHPに読みに行く↓
快楽機姦研究所

『快楽機姦研究所』一覧に戻る