吸引ポンプでクリトリスを吸引!


姉妹サイトAD

同人音声サイト 同人ゲームサイトへ

―――吸引ポンプでクリトリスを吸引!――

前回。

私の部屋で、エッチなことをしている茜さんと私。・・・クリトリスをクンニリングスしてもらい・・・私は数回絶頂して、かなり良い気分になっていた・・・。

ーーーぷにっ。

「あぁあぁああぁ~~~~っっ!!」

ぷっくらと膨れたクリトリスを触られた途端、私は仰け反りながら・・・甘~い声を漏らす。

「感度良好ね~。ここに機姦「突起物自動吸引器」を設置しちゃいましょー」

かぽっ。

突起物自動吸引器というものをいつの間にか用意していたみたいで・・・、吸引ポンプとホースで連結している透明な容器が、私のクリトリスを囲む。

クリトリスの根本周辺がきゅっと吸われる。・・・びくびくと震えている私は何も抵抗できない。

「吸引器具は、SMプレイなら問題ないんだけど・・・快楽系統のプレイで使うのは、ちょっと難しいのよね~。

・・・だけどー、この突起物自動吸引器は、かなり優れていてねっ。数回絶頂した後の、感度が良いクリトリスなら・・・きっと楽しめるはずよ~」

メイド服を脱いで、大人っぽさを強調するような下着姿になった後・・・そう喋りながら私の後ろにやってくる。

「はーい、クッション君はちょっと後ろに失礼~! やっぱり萌子ちゃんにエッチするときは、後ろのポジションが好きかなぁ~、わたし」

茜さんは、クッションを少し後ろに下げ、倒れる私を支えながら・・・クッションと私の背部の間に入り込む。

「早速、クリトリスの吸引開始~」

吸引ポンプが稼働する。

きゅっぽ、きゅっぽ、きゅっぽ、きゅっぽ。

ぐっぐっぐっぐっ~。

私のクリトリスが引っ張られたり元に戻されたりする。

「あっ、あっ、あっ、あ~っ」

クリトリス内部がぐぐっとひっぱられて、クンニリングスとは違った感じの快感が、内側からじりじりと生まれてくる。

きゅぅうぅ、きゅうぅぅ、きゅっぽ~、きゅっぽ~。

突起物自動吸引器は、少し不定期な間隔でクリトリスを引っ張る。・・・容器の中の空気量を調整することで、クリトリスとその周辺がにょいぃいんと伸ばされるけど・・・すぐに空気を戻して、元の形に戻される。

「あぁあ・・・あぁ、ふぁあ、ふぁ~~~・・・」

性感を強く感じるようになった私のクリトリスは、引っ張られることでも、ある程度快感を感じるようになっていた。

クリトリスの内側が連続でぐぐーっと動かされて、いつもとは違う快感が、じゅんわりと溢れてくる。

「ああぁあ・・・」

太股をひくつかせ、無意識に閉じようとするが・・・、

がしっ!

茜さんの脚が私の太股に絡まり、開脚状態を強制的に維持させる。

「・・・おっと! 今回は拘束ベルトを使ってないから、脚を動かしたりしてクリトリス用の吸引ポンプに接触すると、困るのよねー。・・・だから~、私が拘束してあげる~」

「やっっ・・・やぁ~~~んっ!」

きゅっぽ、きゅっぽ、くっぽ、くっぽ。

「あぁぁああぁ・・・はぁ、はぁ、はぁ、はぁぁっ!」

脚を開いた状態のまま、クリトリスが繰り返し吸引される。

脚が震えて、元の位置に戻ろうとするが・・・茜さんの脚がそれを阻止する。・・・その結果、強制開脚状態で、クリトリスが吸われ続ける。

「んっ、んあっっ、はぁ、はぁんっ、はぁぁんっ・・・んはぁあーーーんっ!!」

太股が小刻みにけいれんする。腰を前後に揺らし、エッチな笑顔になりながら体を丸め込み・・・、

「だから~、させないってばぁ~」

がしっ、ぐぃぃぃぃんっ。

わきに茜さんの腕が通り抜け、肩の近くをがっしりと押さえられる。

「にゃぁぁあぁ~~~~んっ!!」

体を無理矢理元の位置に戻される。首を振っていやんいやんとした態度をとるが、クリトリスの吸引は止まらない。全身をうねりと動かしながら、クリトリスのしびれる快感で悶え続ける。

きゅうぅぅぅぅ~~~っ!

「うっきゅうぅぅぅぅううっぅ~~~~っっ!!?」

クリトリスが強く吸われる。強く吸われたまま空気が戻ってこない。・・・引っ張られた状態を維持されて、クリトリスの内部がじ~りじ~りっとした感覚を作り出し、痛いような・・・気持ちいいような・・・。

ぷしゅぅぅぅっ・・・。

「はぁ・・はぁ・・・はぁ~~っ・・・」

ああ・・・お、終わった・・・。

きゅうぅうぅぅぅうぅ~~~っ!

「しゅっちゃだめえええぇぇぇーーーーーーっっ!!!」

再び強く吸われる。強い吸い付きに耐えられず、体を大きく反らしてしまう。

きゅううぅぅうぅぅぅーーーーっっ!

「あーーっ! あーーっ! あーーっ! あーーっ!」

「あら、肩と太股を拘束しているのに、そんなにも背中を曲げられるのね。ものすごく柔軟ねぇ~」

ぷしゅうぅぅぅぅっっ。

「・・・へ・・・へにゃぁあぁあぁ~~~」

強い吸引が終わった途端、私はだらしない顔をしながら、茜さんの体に倒れ込む。

もっちりしたお尻を茜さんの下腹部ぶつけながら、手と脚をくねくねさせて、ひくひくひくひく・・・。

きゅっ、きゅっ、きゅっ、きゅっ、きゅっ。

今度は瞬間連続吸い込み攻撃。

「ぐぐっ、ぐ、っ・・・ひ、ひあ・・あ、はあっ!!」

一瞬だけ軽く吸われてから、すぐに元に戻される。これを短期間で連続して行われ・・・クリトリスの内部がとろっとろに溶かされていくような感覚にさせられる。

きゅっ、きゅっ、きゅっ、きゅっ、きゅっ。

「んあぁああぁぁあぁ~~~、っ、あ、あ、んあ~~~~・・・」

きゅぅうぅぅぅぅぅぅっっ!!

「ーーーーーーーーっっっ!!?」

いきなりっっ・・・強く吸っちゃっっ・・・だめぇえぇえぇーーーーっっ!!

・・・頭の中にすご~くしびれる電流が直撃して、私は涙をどぱっと垂らしながら絶頂した。

「あ”ぁ・・・ぁあぁ・・・ぁ”あ・・・ぁ・・・」

きゅっぽ、きゅっぽ、きゅっぽ、きゅっぽ。

「にゅひゅうううぅぅ~~~うぐぅ~~うぅぐぐぅぅぅっっ!!!」

絶頂が終わって、筋肉が弛緩してから・・・すごいしびれと快感が押し寄せる。

にゅっぽ、にゅっぽ、にゅっぽ、にゅっぽ。

「むりっ、む~~り~~~ぃっっ!! もおぉむ~~りいぃぃ~~~っ!!」

ピクピク動くクリトリスがにょいーんと引き伸ばされたり、ぐぐーーと引っ張られたりしている。吸引される度に、強烈な快楽電流がお股からビリビリと生じて、アソコから愛液がたっぷり漏れ出てくる・・・。

「む・・・・むぅ~りぃ~~~っ!」

「だいじょーぶだって、萌子ちゃん。・・・いつもと少し違う刺激に慣れないだけで、気持ちよくなれることは一緒だから、ね」

「そぉお~~~言われ~ましてもぉぉにょぉお~~ひぃいいぃぃ~~~!!」

四肢は茜さんに押さえられているので、胴体だけを揺らす。こする。くねらせる。・・・いくらお尻を茜さんの下腹部にぶつけたところで、拘束が解除される様子はなさそうだけど・・・。

熱くとろけたクリトリスは、びにょんびにょんと動き続ける・・・。

「ああぁぁぁあ・・・あは・・・あは・・・」

ぶばっと潮を漏らしながら、頭の中が愉快になる。

・・・思えば、何でイヤがっていたんだろう・・・? ちょっときついけど、これはこれでアリではなかろうか・・・?

きゅううぅぅぅうぅぅっっ!

「んにょぉおおぉへぇええぇぇ~~~~っっ!!」

ちょっと心を許した隙に・・・、クリトリスをいっぱい引っ張られる。

びくびくびくっ! と胴体が跳ねる。・・・その後、とっても身体が気持ちよくなったので・・・考えるのを止めてしまった。

「だ・・・だ・・へ・・・へ・・・っ・・・」

それから数回絶頂して、ほへほへ状態になった後・・・ようやく拘束は解除されて、吸引を止めてもらえた。

よ、ようやくおわりひゃぁ~~あぁ~~~・・・。きもひよかっはぁあぁ~~~。

「今日もエッチでかわいかったわよ~、萌子ちゃぁ~ん」

茜さんは後戯・・・というか、頭を優しくなでてくれる。

とろぉぉおぉ~~ん。

私は夢心地な気分になる。頭を撫でられるのはすごく好きだ・・・。絶頂後は特に大好きで、撫でられるとぽわんぽわんになってしまう・・・。

うへ・・・うへへっ・・・。

うっとりと笑いながら、茜さんにた~っぷり甘える・・・。嬉しくて・・・幸せで・・・、

「・・・ぐぴぃぃいぃ~~~・・・ぐぅぐぅ・・・」

いつの間にか眠っていた・・・。





 まだまだ作品がどっさりの作者様のHPに読みに行く↓
快楽機姦研究所

『快楽機姦研究所』一覧に戻る