美少女の乳房は男子トイレで歪まされて


姉妹サイトAD

同人音声サイト同人ゲームサイトへ

第6話

バタンと音がして扉が閉まった。
カチャリと金属音がして、ロックが掛けられた。

「ふぅーっ、はぁーっ」

「クスクスクス」

男が鼻息も荒く呼吸し、見上げた少女が口に手を当てて微笑んでいる。

「本当にいいの?」

「うん、だからこんな処に入ったんでしょ」

美紗が言う『こんな処』とは、どこなのか?

およそ1m四方を合板の壁に囲まれ、鼻を突くアンモニアの匂い。
その中心には、上蓋がされた洋式便座が設置されている。

「ふ~ん、わたし初めて入ったけど、男の人用ってアレがないのね」

「アレって?」

「アレと言ったら、アレなの。わたしだって月に一度は経験してるし、ほら、アソコに入れたり下着に貼り着けたりする」

「おぉ、おい……そんなことをしたら、見えちゃうだろ」

美紗がスカートを捲り上げていた。
風もない密室で自ら太腿を露わにさせると、その付け根を覆うピンク色の薄布までチラリとさせる。

「あらぁ、おじさんって案外初心なんだね。顔が真っ赤になってる。うふふっ」

出会ってからずっとこの調子である。
腕を引かれるままに、改札手前の公衆トイレへと美紗に連れ込まれたのだ。
それも女子専用の方ではなく、男子専用の方へと。
太一はもちろん構わない。
けれども美紗は、どう見ても女の子である。
今もチラチラさせている女子高生のパンティーを、ズズっと下げたら立派なモノが……
で、なければの話だが。

「み、美紗ちゃんだったよね。それよりも……む、胸を触って欲しいんだろ?」

気弱で優柔不断な性格は、自らも認めている。
しかし、10才は年下の少女にからかわれるのは、あまり良い気はしない。

太一は腹の底に力を込めた。
やっぱり女なんだと主張している、美紗のパンティーの、縦に刻まれたスリットのシワを泳ぎそうな目で見つめて、干からびた唇をパクパクとさせる。
振り絞って吐いた声音で、年上の男の貫禄を無謀にも見せつけようとして……

「ぬ、脱いでる?! ここで……」

スカートをたくし上げていた美紗の指が放れた。
行為を促しておきながら唖然とする太一を横目に、少女は胸元に手を寄せると赤いリボンを解いていた。
続いて金ボタンがあしらわれたブレザーも、慣れた手付きで脱いでいく。

「やだ……そんなに見ないでよ。エッチ……」

ブラウスにも手を掛けて、美紗が恥じらいの言葉を口にした。
今までのあっけらかんとした少女を封印したように、年頃の女の子の当たり前の羞恥を見せ付けてきた。

(可愛い……なんて可憐な少女なんだ……)

胸の前で縦に並んだ丸くて小さなボタンが、ひとつ、またひとつと美紗の指に外される。
顔をやや俯かせて、繊細な指使いで肌を晒していく彼女の姿に、太一はゾクゾクとした感動を覚えていた。

『美少女』
世の中に出回り過ぎて、ありがたみの失せた単語だが、それしか太一の頭には浮かばない。

癖のないストレートな髪の毛が、トイレの薄汚れた灯りの下でもキラキラと輝いていた。
まるで定規で線を引いたように前髪が綺麗に揃えられ、その下に覗く眉は、くっきりとしているのに細く柔らかみを帯びていた。
俯かせても尚、宝石のように輝く瞳は、鮮やかな二重のまぶたに守られ、垂れ気味な明美とは異なり、目尻はやや上向き加減である。
いくらか勝気な性格の感も否めないが、それもご愛敬というものだろう。
小顔にマッチした、小さくて整った鼻筋。
艶やかに光る閉じ合わされた薄い唇に、やや尖り気味のアゴ。

駅のホームで出会って、早20分余り。
今さらながらに太一は、美紗が湛える美しさと、その少女が行おうとしている飛躍すぎる行為に、やはり夢ではないのかともう一度疑ってみる。
ブラウスのボタンを外し終えた彼女の指にも目を落とし、微かに残る頬の痛みまで意識していながら、それでもやっぱりである。

「おじさん……ねぇ、聞いてるの、おじさん……?」

だからだろう。
太一は美紗の呼び掛けに気付かなかった。
パンティーとお揃いのピンクのブラジャーを晒して、上目遣いに見つめる少女に、おぼろげな目線を落としたまま。

「痛ァッ!」

またほっぺたを抓られた。
夢ならわたしが起こしてあげるというように、細い指がまるでペンチのように開いて、太一の頬肉をギュィッと挟んだ。

「お姉ちゃんと比べて……どうかな? わたしのバスト……」

「ど、どぉって?」

無理やりに覚醒させられた頭に、美紗の声が浸透する。
現実を教えてくれるアンモニア臭も吸い込んで、太一は少女の問いに訊き返していた。

「だからぁ……えっと、美紗のおっぱいはどんな感じ? おじさん、お姉ちゃんの胸をモミモミしたんでしょ?」

「……ち、小さいかな……う、ううん……女の子らしい可愛い胸だと思うよ。ブラジャーも女子高生らしいし」

冴えた脳ミソは、太一に見たままを口にさせた。
その後で、取り繕うように見たままをアレンジさせる。
卑屈に角を取って、まろやかに。

「やっぱり……だよね。美紗のおっぱいって、小さいよね。お姉ちゃんには勝てっこないけど……でも……」

あっけらかんとして、恥じらってみせて、今度はとても落ち込んで。
相変わらず顔は俯かせたまま、美紗の片腕が背中に回される。
ツルリとした脇を露わにさせたまま、折り曲げた肘がモゾモゾとし……

カチッ……シュル、シュル……

「ち、ちょっと美紗ちゃん……?」

推定Aカップのピンクのブラジャーの、ふたつ並んだカップが緩められる。
咲き誇るお花畑がプリントされたソレを、美紗のもう片方の腕が支え、背中に回された片腕を舞い戻らせる。
ピンとした張りを失ったブラのストラップを、彼女の両肩からスルリと滑らせた。

「ふぅっ、はぁっ……」

太一は、美紗の漏らす羞恥の吐息を聞いた。
猫の目のように変化する少女の、偽りのない本音を耳にした気がした。

「くうぅっ……おぉ、おじさん、ちゃんとだよ……ちゃんと見て……てね」

胸に貼り付かせていた腕がほどかれる。
乙女のバストをガードしていた愛らしいブラジャーが、全ての支えを失い取り払われた。

太一は目を見開いていた。
いつのまにか顔を真っ赤にしていた美紗が見上げるなか、その顔を俯かせることも、そむけることもなく、ただじっと……潤み始めた眼差しで……

「ああぁぁ……きれいだ……美紗ちゃんのおっぱい……」

半分だけ呻くような悲鳴にさせて、残り半分を言葉にして、その視線を美紗に集中させる。
真っ白な膨らみが二つ、零れるように曝け出されたその部分を凝視する。

「や、やだ……わたし……」

駅の男子トイレで。見ず知らずな異性の前で。
自分のしている行為に、それなりの自覚はあるのだろう。

美紗は恥じらいの色だけを更に濃くさせた。
赤いリボンに、ブレザーの上着、白いブラウスに、ピンクのブラジャー。
脱いだモノを全部重ねて乗せられた便座の隣に立ったまま、身を固くして佇んでいた。
ただし役目を終えた両腕は、気を付けの姿勢のように腰横に押し付けたままで。




 <第六話ここまで>


第一話

 嘆きの貧乳少女&乳揉み快感占い

第二話

 お嬢さんのおっぱいを揉ませてください

第三話

 露出乳揉み~キャバ嬢娘のおっぱいはEカップ

第四話

 零れ出す乳肉~くねる腰肉

第五話

 お願いします! おっぱいを揉んでください!

第六話

 美少女の乳房は男子トイレで歪まされて

第七話

 揉み潰される乳肉! 美少女の喘ぎ

第八話

 貧乳娘の巨乳化計画

第九話

 リモコンローター乳房責め! 美少女羞恥調教

第十話

 少女絶頂! おっぱい恥辱責め

最終話

 貧乳少女ですが愛してくれますか?

もっと羞恥系の小説が読みたいなら作者様HPへ!

羞恥の風

『貧乳なおっぱいですが揉んでくれますか?』一覧に戻る