お嬢さんのおっぱいを揉ませてください


姉妹サイトAD

同人音声サイト同人ゲームサイトへ

第2話  お嬢さんのおっぱいを揉ませてください

雲の欠片も見当たらない透き通るような青空は、次第にオレンジ色へと変わる。
やがてオレンジからダークオレンジへと変化し、夜の帳が下りはじめる頃。
駅ビルの西出入り口階段を、サラリーマン風の男がひとり降りて来た。

割れた化粧タイルが放置された歩道の上に立ったその男は、瞬きを始めたばかりの星空を見上げた。
そして何やらブツブツと呪文のような独り言を漏らすと、最後に手のひらを組み合わせ拝みのポーズまでしてみせる。

男は自宅へ帰る気がないらしい。
出口階段から数メートル離れた電柱に身を預けると、誰かを待つように目線だけを走らせていた。
高架された私鉄の駅に電車が停まり、ぽつりぽつり降りて来る乗客を、一目二目と見つめては、すっと顔を逸らせる。
30分……1時間……時が流れるのも構わずに、ただずっと同じ動作を繰り返しで……

「は~ぁっ、やっぱり中央の出口でないと、ここじゃ無理かな」

男がぼやくように呟いたのは、電柱と添い立ちを始めて、たっぷり2時間が経過した頃である。
普通に歩いておよそ2分。
歩数にして200歩余りで辿り着けるソコは、ずいぶんと賑わっていた。
張り替えられたばかりの化粧タイルが、磨かれたように輝く歩道。
その上を行き交う大勢の乗降客。
日中とはいささか大げさな表現だが、温かみのある照明の光が駅のコンコースから、客待ちをするタクシー乗り場へ。その先に拡がるバスターミナルにまで溢れ出ている。

「でもなぁ、もしもの時ってのがあるからな」

男はもう一度、独り言を吐き出した。
改めて自分が立つ周囲を見回してみる。

その辺りは駅の出口とは思えないほど寂れていた。
青白い光を放つ満月が夜空の頂上に差し掛かっても、戸を固く閉ざしたままの飲み屋が数軒と、早くも店じまいのつもりか、年老いた店主が暖簾を下ろした蕎麦屋が一軒。
もちろん行き交う歩行者も疎らである。

男性、男性、男性、たまに女性。
ぼやいてはみたものの、それでも男がその場を離れることはなかった。
古びたコンクリートの出入り口から人の姿が現れるたびに、彼の瞳は素早く反応する。
男と同じスーツを纏った同性は目線を流すだけでスルーさせ、出現割合3割弱の女性が姿を見せる時だけ、目の色を変えるのだ。
まるで監視カメラのように、瞬きを消した黒目が追い掛ける。

彼なりのポイントが有るのだろう。
それらを、猫の目のように駆けまわる眼差しがチェックする。
そしてチェックし終えて『うん』と頷いた時だけ、男は次なる行動を開始しようとする。

両手を斜め下で拡げて深呼吸を2回。
堅く強張った表情筋を緩めようと、妖しくニヤつくほど口角を引き上げる。
「えっへん」と喉を3回鳴らして声の調子を整え、いざ女性の元へ……

しかしである。
男の行動は毎回のようにカラ回りに終わる。
なぜならば、当の女性が通り過ぎた後に、男の足は動き始めるのだ。
儀式ばった準備運動をしているうちに、肝心のタイミングを逸しているのである。

今夜もその例外に漏れず……



時刻は午後10時を過ぎていた。
自業自得の行為に己自身が焦りを募らせて、背中を電柱に寄りかからせたまま、ツマ先を持ち上げては下ろして……

コツ、コツ、コツ……

(おっ! あの靴音は……?)

コンクリート壁に響く物音に、男の耳がピンと立った。
機会を逃し続けて10人目。
もう外したくないプレッシャーに押されて、男は電柱から身体を起こした。
今夜も9回欠かさずに行った準備運動だが、ついには焦れる心が放棄させて、そのまま両足にGOサインを掛ける。

「あの、ちょっとお願いがありまして……」

案の定、声は掠れていた。
顔は能面のように固まっていた。

それでも男の呼び掛けに、会社帰りらしいOLが足を止めた。
疑心70パーセント、好奇心30パーセントの目線を、その男に当てている。

「え、えぇっと……そのですね」

「……?」

推定年令35才。お局様OLのまぶたが、ピクピクと反応する。

そして彼女からの見た目。ちょびっと甘いマスクの、まあイケ面候補。
推定年令28才の男の、ツマ先から頭のてっぺんにまで目線を走らせて、勤務している会社での役付きに始まり、保有資産。妻子の有り無しを、超高速勘ピューターで妄想させる。

「あ、あぁぁ……おぉ……っぱいを……さわらせてもらえないかと……?」

「……??」

既製品確立100パーセントでも、光沢のある少しお高めなスーツを着込んだ男に、OLの好奇心が跳ね上がる。
占めていた疑心が低下し、それでも聞き取れない弱々しい男の声に、ピクピクとまぶたが2度3度と開閉を繰り返した。
メイクの剥げかかった顔面を、男に向けてやや突き出させて……

「おっほん……あぁ、あぁぁ……お嬢様のおっぱいを触らせてもらえないかと?」

「……おっぱい?」

ゴォッと地鳴りを響かせて、高架の上を電車が通過した。
咳払いして声を整えて、ひ弱なボイスを渋目にチェンジしたのに、届いたのは肝心ではあるが単語ひとつのみ。
ちょいイケ面だが、訳の分からない男の訴えに、彼女は鼓膜が拾ったソレを何気なく唇に再生させて……

「はぁ、はい。服の上からで結構です。もしご許可いただけるなら、生のぱいおつをモミモミと……」

右に左に泳いでいた男の目が、一点に固定された。
ここが勝負所と勝手に解釈すると、上ずった声を機関銃の速さで連射させる。

「服の上から……? 生のぱいおつをモミモミ……?」

男と女の横を、肩を組み合う酔っ払いコンビが通過した。
肩と肩を抱き寄せ合う恋人コンビも後に続く。

その中で、ルージュも剥げかけたOLの唇がまた動いた。
上下に何度も往復させた目線を、男の顔に集中させて、その男の黒目がやや斜め下に向いていることに気が付いた模様で……

「ひぃっ! あ、アナタ……本気でそんなことを?!」

推定年令35才のお局様OLは、初心な少女の悲鳴をあげた。
高止まりしていた好奇心が急降下し、突き出していた首を慌てて引っ込める。
勘ピューターが作りあげた妄想を全てリセットすると、ハイヒールの靴底を滑らせて回れ右をした。

「本気なんです……おっぱいを……モミモミ……」

「ふざけるんじゃないわよ! そんなに触りたけりゃ、自分の乳首でも乳くってなさい! フンッ!」

ゴォッとまた地鳴りがして、すがりつく男の声がかき消されていた。
背中を向けてツカツカとした足取りで歩き始めたOLの、刺のある捨てセリフだけが闇夜に反響していた。

「うぃーっ、乳くりぃ……バンザ~イ、ひっくぅ」

通過したはずの酔っ払いコンビがわざわざ振り返り、男を茶化した。
肩を組んだままお互いの顔を見合って、「ムフフ」と鼻を鳴らして笑うと、千鳥足を再開させた。

そして人気のない高架下に、男だけが取り残される。
頂上だった満月が西の方へと傾き始めて、虚しすぎる行為の終わりを告げようとしていた。


 <第二話ここまで>


第一話

 嘆きの貧乳少女&乳揉み快感占い

第二話

 お嬢さんのおっぱいを揉ませてください

第三話

 露出乳揉み~キャバ嬢娘のおっぱいはEカップ

第四話

 零れ出す乳肉~くねる腰肉

第五話

 お願いします! おっぱいを揉んでください!

第六話

 美少女の乳房は男子トイレで歪まされて

第七話

 揉み潰される乳肉! 美少女の喘ぎ

第八話

 貧乳娘の巨乳化計画

第九話

 リモコンローター乳房責め! 美少女羞恥調教

第十話

 少女絶頂! おっぱい恥辱責め

最終話

 貧乳少女ですが愛してくれますか?

もっと羞恥系の小説が読みたいなら作者様HPへ!

羞恥の風

『貧乳なおっぱいですが揉んでくれますか?』一覧に戻る