第11話 夜の公園でJKの露出ストリップ劇場


○迫る足音! 囮になるペチャパイボディ?





「お父さん、聞こえた?」

「うん。誰かがこっちに近づいて来る。でも、どうしよう? やっぱりこんなことなら……」

「もう! こんなところで怖気づいてどうすんのよぉッ!」

あたしは熱いお肉から指を引き抜くと、Tシャツの裾でぱぱっと拭った。
そのまま音を立てないように植え込みから抜け出し、近づく靴音を聞き分けようと耳の後ろで手のひらを拡げた。
ツマ先立ちになって、黒い絵の具で塗りつぶしたような空間に目を凝らしてみる。

なにも見えない。
厚い雲に覆われた月明かりさえ届かない世界。あるのは不気味な暗闇だけ。
でも聞こえる。
足音を忍ばせながら接近する人の気配。

「ここは、あたしたちでなんとかしないと……」

目線をシーソーのふたりに送る。
そして、「うん」って深く頷いて撮影機材用のバッグをまさぐった。
中から取り出したのは、いざという時に備えて持ち出したサングラス。

もちろん雪音の持ち物じゃない。
お父さんが当時流行ってた西○警察のリーダーさんに憧れて衝動買いしたものの、ある事情でタンスの中に封印されちゃったモノ。

理由は……?
そんなの『自分は知らないであります』ってことで、夜なのにサングラスを掛けたあたしは涙目のお父さんに言ってあげた。
「ふたりのエスコート頼んだわよ。ピンクの傀儡子さん」って……



暗い。真っ暗。
それなのにサングラスなんか掛けているから、真っ平らな地面で3度も転びかけちゃった。

ここは公園を縦に貫くメインストリート。
あたしは大げさに両手を振りながら足音を立てて歩いていた。
ついでに音階を無視したハミングも熱唱した。

唄いながら、あごから滴る汗を拭って首筋を流れる汗も手の甲で拭いた。
汗ばんだ肌を冷ましてあげようと、Tシャツの裾もおへそが覗けるくらいめくり上げてパタパタさせた。

その間も、首の関節をフル回転させて暗闇に潜む人影を探す。
『お願い、雪音に気付いて』という思いと『やっぱり怖いよ』という本音を同居させながら、一歩また一歩と遊具広場から引き離していく。
そして、半径5メートルくらいしか照らさない街灯の下に、あたしは辿り着いていた。

ワサッワサッ……ガサッガサッ……

耳を澄ませないと聞き取れない小枝を揺する音。
それでも聞こえない聞きたくない、男のいやらしい息遣い。

見ている。見られている。
誰かが雪音を息を殺しながらジッと覗いてる!

「ふ~ぅ。ウォーキングしてたら汗びっしょり。なんだか気持悪いなぁ~……誰も……見てないよね。ちょっと、脱いじゃおうかな?」

キョロキョロと周囲を窺うふりをして、頭に浮かぶセリフを棒読みして、こっそりと止まりそうな心臓をトントンと叩いてあげて……
あたしはTシャツの裾を掴むと頭から抜き取った。
そのままグッと息を止めて、ほっぺたのお肉を噛みながらジーンズのホックを外した。
ファスナーを引いた。
お尻を人の気配のある草むらに向けて、焦らすようにゆっくりと下していく。
ついでにサービスだよ♪って、腰でダンスもしてあげた。

恥ずかしいよぉ。こんなお外でパンツとブラジャー姿になるなんて。
それも正体不明のお客さんに、雪音の美肌を無料で見せないといけないなんて。

あたしはお出かけ専用のレースたっぷりの下着姿でポーズを決めた。
お父さんに撮影されるみたいに、悩殺立ちポーズを次々と披露していく。

腰をくの字に曲げてお尻を突き出して……
前屈みになって無理して垂れ下がらせた胸の隙間を強調させて……
遠くから聞こえる女性の感じる声なんか幻聴だよって、目の前の美少女モデルにもっと注目してよって……

カシャッ、カシャ、カシャ、カシャッ……

「ひいぃぃっ……イヤッ……んんっ」

そしてお父さんが手にしたモノと同じ音を聞いた。
覚悟はしてたけど、雪音はエッチなモデルだからこんなこと想定済みだったけど、だけど一瞬悲鳴を上げかけて口を押さえた。
口に手を当てたまま気付かれないように、背中をくねらせてお尻もくねくねさせた。
ちょっとだけパンツをずらせて、ヒップの割れ目も半分見せてあげた。

カシャッ、カシャ、カシャ、カシャッ……

そうしたら、悦んだカメラ君が拍手するようにまた鳴った。
それでもあたしは、身体が覚えてしまった淫らな振り付けを踊り続ける。

「……ふぅぅん、はああぁぁん……はぁっ、毅ぃっ……きもちいいのぉっ……」

遠くからも張り合うように淫らな声が流れてくる。
あたしはカメラを手にしたお客様を引き止めようと、もっともっと過激なショーに切り替えていく。

草むらに笑顔を振りまきながら、背中に回した右手がブラのホックを緩めた。
真横にした左腕を胸に押し当てたままブラジャーを引き抜いた。
脱ぎすてられた服の上にそっと落とした。

「恥ずかしい……でも、がんばれ♪ 雪音!」

あたしは、藍色のジーンズの上に乗っかったブラジャーを恨めしそうに見つめた。
でもそんなの一瞬だけ。
またおバカな雪音に戻ってお客様にサービスを始めた。

胸のふくらみに両手で蓋をしたまま、挑発するようにお尻を揺らした。
白いパンツをもっとずらせて、ふたつに割れたお肉を全部覗かせてあげた。

これが汚れのない女子高生のヒップだよって。
こんな淫らな踊りをしているけど、雪音はバージンなのって。

なにもここまでしなくたって……
雪音、いくらなんでもやりすぎだよ。

良心があきれた顔で警告する。
そうよ、あたしだって恥ずかしいし情けないよ。
でもね、見ちゃったの。決めたの。
どんなに馬鹿げていても、愛に満ち溢れた協同作業をする夫婦のジャマはさせないって。
だからあたしは……!

「は~あ。今夜は開放的な気分♪ パ、パンティーも脱いじゃおうっと……♪ だ~れも見ていないし、ふふっ、見ないでね♪」

スルッ……スススッ……
カシャッ、カシャ、カシャ、カシャッ……

草むらに背中を向けて、両手をおっぱいから引き剥がして、お尻丸出しのパンツを下していく。
前だけ隠してウエストのとこが紐になっちゃった最後の1枚を、棒読みハミングしながら脱いじゃった。

あたしは手にした白い布を、クルクルとボールみたいに丸めてブラジャーの横に並べた。
でもそれは湿っていた。
ううん、水気を含んだみたいに雪音のパンツはズシリと重たかった。

カメラ君に全裸の後ろ姿をみせてあげる。
隠したって意味がないのに、おっぱいと女の子の部分に両手の下着をひっつけて、そっと密着してた太股なのに隙間を拡げる。

「はあぁ、ううっ。雪音のアソコ濡れちゃってる」

生ぬるい風なのに、股間がヒンヤリと感じた。
中途半端に期待した恥ずかしい割れ目が、オナニーの続きをせがんでくる。

「んんはあぁっ、毅ぃっ、たけしのぉっ感じるぅっ! だめぇっ……美帆っ、気持ちよすぎてぇっ」

カメラ君を誘惑するように、真夜中の公園に響く美帆さんの女の声。

ザザッ……ザワザワザワ……

草むらに潜んだ気配が、雪音と美帆さんを天秤に賭けた。
せっかくピチピチボディを晒してあげているのに、旦那様に愛されるムチムチボイスと互角だなんて。
ちょっぴり落ち込んで、哀しくなっちゃう。

「は、はあ~ぁっ……なんだか解放的♪ お、オナニーしちゃおうかな?」





 第11話 夜の公園でJKの露出ストリップ劇場 ここまで


続きが待ちきれないなら作者様HPで!

羞恥の風

『シャッター・チャンス2』一覧に戻る